トップに戻る
最終更新日:2014年10月12日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年10月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2014年10月の記事
2014.10.31 No.638
2014.10.25 No.637
2014.10.24 No.636
2014.10.22 No.635
2014.10.21 No.634
2014.10.12 No.633
2014.10.06 No.632
2014年9月の記事
2014.09.30 No.631
2014.09.25 No.630
2014.09.24 No.629
2014.09.22 No.628
2014.09.19 No.627
2014年10月

2014.10.12 No.633
■世界初の雄性不稔GMスギの隔離圃場試験
イメージ:スギの雄花

 文科省と環境省9月18日、森林総合研究所が申請した雄性不稔遺伝子組み換えスギの隔離圃場(茨城県日立市)での試験栽培について意見募集を始めた。雄性不稔GMスギの隔離圃場試験は世界初となるもので、18年3月末まで栽培試験が予定されている。締切りは10月20日。

 この雄性不稔遺伝子組み換えスギは、スギ花粉症対策として花粉を作らないよう、微生物由来の遺伝子を組み込んだもので、昨年3月に森林総合研究所が、この雄性不稔GM無花粉スギの開発を発表していた。

 ・環境省, 2014-9-18
 ・申請書

 ・森林総合研究所, 2013-3-21

 遺伝子組み換えを使わない従来育種で、雄性不稔のスギが開発され、一部では苗木の配布も実施されている。森林研究所自身が、従来育種による雄性不稔のスギを2005年に開発している。富山県などでも従来育種の雄性不稔スギの配布事業を実施している。(関連記事参照)

【関連記事】