トップに戻る
最終更新日:2014年10月24日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年10月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2014年10月の記事
2014.10.31 No.638
2014.10.25 No.637
2014.10.24 No.636
2014.10.22 No.635
2014.10.21 No.634
2014.10.12 No.633
2014.10.06 No.632
2014年9月の記事
2014.09.30 No.631
2014.09.25 No.630
2014.09.24 No.629
2014.09.22 No.628
2014.09.19 No.627
2014年10月

2014.10.24 No.636
■ロスアンゼルス市議会 “GMフリーゾーン”条例制定へ
イメージ:GMOフリー

 ロスアンゼルス市議会は20日、市内全域から遺伝子組み換え作物を排除した“GMフリーゾーン”とする条例を正式に審議することを決めた。ロサンゼルスタイムズ紙などが報じた。

 提案は、市内での遺伝子組み換え植物、果樹、種子の販売と栽培禁止するというもので、市議会保健委員会は条例の草案作成に同意したとしている。提案したオファーレル議員は、「とても象徴的だ。GMのない食事に戻りたい、という明確なシグナルだ」と述べたという。

 カリフォルニア州では一昨年、GM表示義務化を求める住民投票が行われた。モンサントなどのGM企業連合は、圧倒的な物量作戦によって、僅差で表示義務化を退けた。しかし、今後の展開次第では、GM企業などにとっては「藪をつついて蛇を出す」ことになりかねない。

 ・Los Angeles Times, 2014-10-20

 日本の市町村でも、こうしたGMフリーゾーン条例の例はまだない。GM作物栽培規制条例はわずかに、北海道など3道県だけ。罰則のない指針・ガイドラインですら、8都府県に過ぎないのが実情だ。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事