トップに戻る
最終更新日:2014年11月12日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年11月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2014年11月の記事
2014.11.20 No.642
2014.11.18 No.641
2014.11.12 No.640
2014.11.07 No.639
2014年10月の記事
2014.10.31 No.638
2014.10.25 No.637
2014.10.24 No.636
2014.10.22 No.635
2014.10.21 No.634
2014.10.12 No.633
2014.10.06 No.632
2014年11月

2014.11.12 No.640
■ポテトチップ用GMジャガイモ 米国で栽培規制撤廃
イメージ:フライドポテト

 米国農務省動植物検疫局(APHIS)は11月7日、シンプロット社の遺伝子組み換えジャガイモの栽培規制を撤廃したと発表した。ポテトチップ向けに開発された、このシンプロット社のGMジャガイモは、高温での加熱処理の際に生成されるアクリルアミドを低減し、同時に収穫時の打撃によって生ずる黒斑も少なくできるとしている。組み込んだ外部遺伝子により、本来の遺伝子の発言を抑制するRNA干渉という遺伝子サイレンシング技術により開発されたもの。

 シンプロット社によれば、このGMジャガイモに組み込んだ遺伝子は、別の品種のジャガイモの遺伝子だという。そして、5つあるポリフェノール・オキシダーゼ遺伝子のうちの1つを沈黙させることにより、打撲による変色を低減できるという。また、加熱により生ずるアクリルアミドの原因となるアスパラギンの生成に関わる遺伝子も沈黙させ、今回承認された10品種でばらつきはあるもの、アクリルアミドを6割から7割低減できるとしている。(申請書・表8)

 シンプロット社は、打撲による変色が原因により廃棄される、年間約20万トンのジャガイモを救うことができると見積もっている。同社はまた、2015年の市場試験に向けて栽培を準備していると発表した。

 ・USDA APHIS, 2014-11-7
 ・J.R. Simplot

 今回の規制撤廃について食品安全センターは7日、APHISは十分に影響を検討せず、決定を急ぎすぎたとする声明を出した。同センターは、RNA干渉技術の潜在的な危険性がはっきりしておらず、現在のリスク評価手順に問題があるとの、環境保護局(EPA)の独立した科学者委員会の結論を引いて、USDAがリスクを十分に検討せず、決定を急ぎすぎたと指摘した。

 また、変色の低減はジャガイモ産業にとっては魅力的かもしれないが、変色による健康リスクはないと批判した。また最近の研究から、このGMジャガイモが低減させるとするアスパラギンに、植物の病害を減少させる効果があることから、殺菌剤などの農薬の使用量増加を招く可能性を指摘している。このGMジャガイモは、農家にとっても、消費者にとっても益がないと指摘した。

 ・Center for Food Safety, 2014-11-7

 シンプロットはまた、米国の外食大手のマクドナルドへの最大のジャガイモ供給企業とされている。米国の環境保護団体 Food and Water Watch は昨年11月、シンプロットのGMジャガイモを使用しないよう求める10万人の署名をマクドナルドに提出している。

 ・RT, 2014-11-8
 ・Food and Water Watch, 2013-11-20
  要請書

 ● 外食で表示義務のない日本 消費者は知るすべがない

 シンプロットのGMジャガイモは、米国食品医薬品局(FDA)の認可待ちの状態。日本では、今年2月にシンプロット社から食品と飼料についての承認申請が出され、現在食品安全委員会で審査中である。米国では異なるジャガイモ3品種をベースとした10種類の組み換えジャガイモが申請され、すべてについて規制撤廃が認められているが、日本にはE12という1種類のみが対象となっている。

 3月14日に開催された食品安全委員会・遺伝子組換え食品等専門調査会の議事録によれば、このGMジャガイモは、「米国の特定のほ場で生産され、特定の工場でポテトチップス用に加工することを予定しており、種いもや生食用として日本に輸出する予定はない」とされている。

 2005年2月、それまでジャガイモに害を及ぼす病害虫の浸入防止として輸入が禁止されていた米国産ジャガイモが、特定の工場でポテトチップ用に過熱処理されることなどを条件として輸入が認められた。シンプロットのGMジャガイモもこの特例を使うことを想定しているかのように見える。しかし、米国で粉末のような状態に加工、輸入され、外食産業でフライドポテトなどに加熱加工された場合、表示義務がないことから、消費者には知る術がない、という問題がある。

 米国のGM表示義務化を求める住民投票運動は、GM表示を「知る権利」として位置づけている。同じように、何を食べるかを自身で決めることは「権利」であるはずだ。

 日本の食品表示のお粗末さについて、岡田幹治氏の「日本は食品表示の「劣等生」!」(『週刊金曜日』1012号)に詳しい。「業界庁」と批判される業界寄りの消費者庁の姿勢から、外食産業での表示義務化は当分難しいようだ。

 ◆表示が必要な加工食品:ばれいしょ

(25) ポテトスナック菓子
(26) 乾燥ばれいしょ
(27) 冷凍ばれいしょ
(28) ばれいしょでん粉
(29) (25)から(28)までに掲げるものを主な原材料とするもの
(30) ばれいしょ(調理用)を主な原材料とするもの

 ・農水省
 ・食品安全委員会 遺伝子組換え食品等専門調査会
  議事録(2014年3月14日)

 ・『週刊金曜日』, 1012号 2014-10-17
  「日本は食品表示の「劣等生」!」, 岡田幹治

【関連記事】