トップに戻る
最終更新日:2014年11月18日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年11月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2014年11月の記事
2014.11.20 No.642
2014.11.18 No.641
2014.11.12 No.640
2014.11.07 No.639
2014年10月の記事
2014.10.31 No.638
2014.10.25 No.637
2014.10.24 No.636
2014.10.22 No.635
2014.10.21 No.634
2014.10.12 No.633
2014.10.06 No.632
2014年11月

2014.11.18 No.641
■GM表示法:スターバックへボイコットの圧力

 シンガーソングライターにしてミュージシャンのニール・ヤングは11月9日、「GOODBYE STARBUCKS!」とスターバックスのボイコットを呼びかけた。今年5月、米国バーモント州は遺伝子組み換え食品の義務的な表示法を制定し2016年7月から実施されることになったが、制定に反対してきた全米食品製造者協会(GMA:Grocery Manufacturers Association)などの大手食品業界は今年6月、GM表示法の差し止め訴訟を起こしていた。

 バーモント州のGM表示法を支持する団体であるSumOfUsは、提訴した全米食品製造者協会に加盟しているスターバックスが、この業界団体の影でモンサントを支援していると批判し、ウェブ署名で圧力をかけている。ニール・ヤングの呼びかけは、こうした運動へ呼応したものだ。

 ニール・ヤングは自らのサイトで、「毎日、ラテを飲んでいたが、昨日で最後」「何を食べているか知る権利がある」と書いた。そして、GM表示法のような民主的な決定に対して、大企業は訴訟でもって阻止することは許されないとし、GM表示法の実施を阻止しようとする全米食品製造者協会の影で、訴訟を支援するスターバックスに圧力をかけるように呼びかけている。

 この全米食品製造者協会などの訴訟に対して、バーモント州の GM表示法を支持しているSumOfUsは、スターバックスが訴訟を支援しないように求めるウェブ署名を呼びかけ、すでに32万人余りの署名を集めている。このSumOfUsに呼応したニール・ヤングの呼びかけは、スターバックスへの大きな圧力となりそうだ。

 ・Gardian, 2014-11-17  ・SumOfUs  ・neilyoung.com, 2014-11-9  ・Reuters, 2014-6-12
 ● スターバックスの苦しい言い訳

 圧力の矢面にたったスターバックスは11月15日、この問題に関する短い見解を、自社のサイトで明らかにした。その中でスターバックスは、GM表示法に関するいかなる訴訟にも関わっていないし、いかなるキャンペーンにも資金は提供していないしとして、食品表示を止めさせたり、バーモント州法を阻止するために、モンサントと足並みをそろえていないとした。その上で、反スターバックスの署名運動の主張は虚偽だとしている。また、GM表示は連邦レベルで決めるべき問題と主張している。しかし、加盟している、訴訟当事者一つである全米食品製造者協会については言及を避け、歯切れの悪い、苦しい言い訳となっている。

 ・StarBucks, 2014-11-15
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事