トップに戻る
最終更新日:2014年12月5日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年12月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2014年12月の記事
2014.12.27 No.647
2014.12.25 No.646
2014.12.20 No.645
2014.12.06 No.644
2014.12.05 No.643
2014年11月の記事
2014.11.20 No.642
2014.11.18 No.641
2014.11.12 No.640
2014.11.07 No.639
2014年10月の記事
2014.10.31 No.638
2014.10.25 No.637
2014.10.24 No.636
2014.10.22 No.635
2014.10.21 No.634
2014.10.12 No.633
2014.10.06 No.632
2014年12月

2014.12.05 No.643
■ノルウェー:養殖用抗生物質耐性マーカーGM飼料を禁止へ

 ノルウェーはこのほど、抗生物質耐性マーカー遺伝子を含む遺伝子組み換え飼料について、サケなどの養殖用飼料としての承認停止を決定した。この決定は、GM飼料に含まれる抗生物質耐性遺伝子が細菌に取り込まれ、抗生物質耐性菌が生まれることへの懸念から行われたとしている。EUでは毎年2万5千人が、抗生物質耐性菌による感染症で死亡しているという。

 ノルウェーでは2008年以来、19の遺伝子組み換え飼料が養殖用に承認されていたが、今回の決定で8品種が規制に該当し使用できなくなる。ノルウェーの養殖サケはEUへ輸出されている。この決定の背景には、EU域内の消費者のGM食品への抵抗感があるとみられている。

 ・GM Watch, 2014-11-28

 ノルウェーから日本へ輸入されるサケ・マスは、2012年、生鮮冷蔵で約3万2千トン、冷凍で9500トンであり、生鮮冷蔵では第1位。ノルウェー産の養殖品の比率は不明であるが、冷凍品の第1位であるチリ産は全量が養殖となっている。サケ・マスは南半球には生息していない。チリのサケ養殖は、1960年代にJICAの技術支援で確立された。

 ・東京税関, 2013-12-18