トップに戻る
最終更新日:2014年12月06日
2014年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 15年 16年 17年

2014年12月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2014年12月の記事
2014.12.27 No.647
2014.12.25 No.646
2014.12.20 No.645
2014.12.06 No.644
2014.12.05 No.643
2014年11月の記事
2014.11.20 No.642
2014.11.18 No.641
2014.11.12 No.640
2014.11.07 No.639
2014年10月の記事
2014.10.31 No.638
2014.10.25 No.637
2014.10.24 No.636
2014.10.22 No.635
2014.10.21 No.634
2014.10.12 No.633
2014.10.06 No.632
2014年12月

2014.12.06 No.644
[農薬]
■市民の脱ネオニコ系農薬活動に助成

 アクト・ビヨンド・トラストは5日から、ネオニコ系農薬に関する活動に対する助成の公募を始めた。この助成は、フィプロニルを含むネオニコ系農薬に関する問題提起や、その使用の削減や中止に取り組む個人・団体への活動に対するもので、総額300万円が準備されている。締切りは1月26日。アクト・ビヨンド・トラストは、2012年から毎年、ネオニコ系農薬に対する活動助成を行っていて、今回の募集で4回目となる。

 今回の募集の応募資格は、ネオニコ系農薬の問題に取り組む個人・団体であり、ボランティアグループ、NPO/NGO、公益法人、研究機関、生産者など、地域とか法人格や活動実績は問わないとしている。

 今回の募集は、(1)調査・研究、(2)広報・社会訴求、(3)市場“緑化”、(4)政策提言の4つの部門で、助成金額は1件当たり50万円が上限としていて、人件費として助成額の30%まで充当することが認められている。

 フィプロニルやネオニコ系農薬は、1990年代以降、それまでの有機リン系農薬に変わる農薬として登場してきた。農業はもとより、シロアリ駆除剤や家庭用の防虫剤としてもドラッグストアなどで普通に売られている。近年、その神経毒性が明らかになってきている。

 ・アクト・ビヨンド・トラスト, 2014-12-5
【関連記事】