トップに戻る
最終更新日:2015年03月26日
2015年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 16年 17年

2015年3月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2017.06.21 No.823
2017.06.17 No.822
2017.06.15 No.821
2015年3月の記事
2015.03.29 No.655
2015.03.28 No.654
2015.03.26 No.653
2015.03.21 No.652
2015.03.07 No.651
2015.03.04 No.650
2015年2月の記事
2015.02.25 No.649
2014年12月の記事
2014.12.27 No.647
2014.12.25 No.646
2014.12.20 No.645
2014.12.06 No.644
2014.12.05 No.643
2015年3月

2015.03. No.65
■農水省 5種類の輸入種子のGM検査法を確立と公表
ワタ種子
  ワタ種子 zoom

 農水省は3月25日、「栽培用種子を対象とした遺伝子組み換え体検査法について」と題するGM種子の検査法に関して、栽培が認められていないパパイヤ、ワタ、アマの種子の輸入時の検査についての解説をHPに掲載した。

 農水省はまた、海外で開発中のGM作物の検査法について、キャベツとカリフラワーの検査法を確立したとしたが、詳細は明らかにしていない。

 ・農水省, 2015-3-25

 目標を45%(カロリーベース)に下げることが決まった食料自給率の影で、種子の自給率はほとんど問題になっていない。すでに2000年には10%を割っていたとの見方もある。種子があっての自給だが、多くの野菜などの種子が輸入に依存しているのが実情だ。過去には、市販のナタネ種子からGM種が見つかったケースもある。輸入種子にGMが混入する可能性は、ますます大きくなっている。

【関連記事】