最終更新日:2015年05月06日
2015年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 16年 17年

2015年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2015年5月の記事
2015.05.30 No.673
2015.05.29 No.672
2015.05.25 No.671
2015.05.24 No.670
2015.05.22 No.669
2015.05.19 No.668
2015.05.17 No.667
2015.05.14 No.666
2015.05.06 No.665
2015.05.04 No.664
2015年4月の記事
2015.04.26 No.663
2015.04.23 No.662
2015.04.18 No.661
2015.04.15 No.660
2015.04.12 No.659
2015.04.09 No.658
2015.04.08 No.657
2015.04.06 No.656
2015年3月の記事
2015.03.29 No.655
2015.03.28 No.654
2015.03.26 No.653
2015.03.21 No.652
2015.03.07 No.651
2015.03.04 No.650
2015年5月

2015.05.06 No.665
[農薬]
■ネオニコ農薬の総合的評価書の翻訳が完成 無料で公開
日本語版表紙

 世界の科学者30人によって構成される浸透性殺虫剤タスクフォース(The Task Force on Systemic Pesticides、TFSP)は、浸透性のネオニコ系農薬とフィプロニルに関する、査読を受けた1121編の論文を精査した結果を、昨年6月から10月にかけて8編の論文として発表した。評価された論文には化学メーカーの資金援助を受けた論文を含むという。これらの論文は今年1月、TFSPより『Worldwide Integrated Assessment』として公表されていた。日本の専門家からなるネオニコチノイド研究会はこのほど、この評価書の日本語訳『浸透性殺虫剤の生物多様性と生態系への影響に関する世界的な統合評価書』を公開した。無料でダウンロードできる。

【目次】
  • 浸透性殺虫剤に関する世界的な統合評価書:昆虫相の世界的崩壊:浸透性殺虫剤が果たした役割の探求
  • 浸透性殺虫剤(ネオニコチノイド系殺虫剤およびフィプロニル):動向、使用状況、作用機序、および代謝産物
  • 環境運命と曝露:ネオニコチノイド系殺虫剤とフィプロニル
  • ネオニコチノイド系殺虫剤およびフィプロニルの非標的無脊椎動物への影響
  • 野生脊椎動物へのネオニコチノイド系殺虫剤およびフィプロニルの直接的間接的影響の検討
  • 浸透性殺虫剤の大量使用による生態系機能および生態系サービスに対する危険
  • 害虫駆除のためのネオニコチノイド系殺虫剤の代替案:農業および林業における事例研究
  • ネオニコチノイド系殺虫剤およびフィプロニルが生物多様性および生態系機能に与える危険に関する世界的な統合評価書の結論
 ・ネオニコチノイド研究会, 2015-4  ・The Task Force on Systemic Pesticides, 2015-1-9

 欧州科学アカデミー諮問委員会(EASAC)が先月、広範なネオニコチノイド農薬の使用が、ミツバチ以外の昆虫や生物に悪影響を及ぼしているとする報告書を公表し、米国環境保護庁も、イミダクロプリドなど4種類のオニコチノイド系農薬について、条件付ながら新規の用途登録や変更を行わないと発表した。遅れている米国のネオニコ規制に関する特別委員会の報告も近いとみられている中、世界的には、ネオニコ系農薬への「包囲網」が狭まってきている。問われるのは、規制緩和に動いている日本政府だ。

【関連記事】