最終更新日:2015年05月24日
2015年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 16年 17年

2015年5月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2015年5月の記事
2015.05.30 No.673
2015.05.29 No.672
2015.05.25 No.671
2015.05.24 No.670
2015.05.22 No.669
2015.05.19 No.668
2015.05.17 No.667
2015.05.14 No.666
2015.05.06 No.665
2015.05.04 No.664
2015年4月の記事
2015.04.26 No.663
2015.04.23 No.662
2015.04.18 No.661
2015.04.15 No.660
2015.04.12 No.659
2015.04.09 No.658
2015.04.08 No.657
2015.04.06 No.656
2015年3月の記事
2015.03.29 No.655
2015.03.28 No.654
2015.03.26 No.653
2015.03.21 No.652
2015.03.07 No.651
2015.03.04 No.650
2015年5月

2015.05.24 No.670
[農薬]
■カナダ:ネオニコ種子処理禁止しても損失なし 保健省病害虫管理規制局の評価草案がリーク

 カナダ保健省病害虫管理規制局(PMRA)のまとめたネオニコ系農薬評価書の草案がこのほどリークされ、ダイズの種子処理による利益がわずか0.4%にとどまるとの試算が明らかになった。カナダ保健省は昨年11月、オンタリオ州におけるネオニコ系農薬処理の種子の80%使用削減を打出していた。

 この種子処理による利益が0.4%であるとする評価は、米国環境保護庁(EPA)が昨年10月に明らかにした、利益は0.1%しかない、とする評価とほぼ同じで、ネオニコ系農薬の種子処理に意味のないことが、より一層はっきりしたといえる。

 リーク文書を報じた16X9によれば、昨年11月以来、カナダのネオニコ系農薬規制をめぐって農薬ロビーが圧力をかけているという。農薬企業は昨年7月、オンタリオ州のネオニコ規制により農家の収益が6億ドル減少し、オンタリオ州のGDPが4億4千万ドル減少するという、過大な分析を発表している。

 この評価リークに関し、FoEカナダは22日、カナダ政府はネオニコ系農薬を禁止すべきであり、もしできなければ州政府が禁止すべきとする声明を出した。

 ・16X9, 2015-5-22  ・The Conference Board of Canada, 2014-7-10
  Seeds for Success: The Value of Seed Treatments for Ontario Growers
 ・Friends of the Earth Canada, 2015-5-22
【関連記事】