最終更新日:2015年7月31日
2015年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 16年 17年

2015年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2017.09.23 No.847
2017.09.22 No.846
2017.08.15 No.844
2015年7月の記事
2015.07.31 No.679
2015.07.15 No.678
2015.07.08 No.677
2015.07.07 No.676
2015年6月の記事
2015.06.24 No.675
2015.06.23 No.674
2015年5月の記事
2015.05.30 No.673
2015.05.29 No.672
2015.05.25 No.671
2015.05.24 No.670
2015.05.22 No.669
2015.05.19 No.668
2015.05.17 No.667
2015.05.14 No.666
2015.05.06 No.665
2015.05.04 No.664
2015年7月

2015.07.31 No.679
■『戦没農民兵士の手紙』は二度と書かない
 『敗戦70年目の百姓宣言』賛同者募集が始まる

 「平和安全法制」という名の「戦争法案」の参議院での審議が始まったが、敗戦から70年を経て、百姓が再び戦争に借り出されることを拒否する『敗戦70年目の百姓宣言』の賛同者募集が始まっている。この宣言は、先の侵略戦争では“殺す側”の兵士として駆り出され、戦後の経済成長に翻弄された農民の歴史を振り返り、それでも「百姓の創造と抵抗」は深まり広がっているとして、「私たちは憲法を壊す戦争法案(安保法案)をただちに廃案・廃止」することを要求している。

 この宣言は、自給であれ、小規模であっても耕していれば「百姓」であるとし、自ら「百姓」であると自認する人びとの賛同を募っている。まず、8月14日を第一次の締め切りとして、8月15日に正式に発表する予定だという。

 賛同される方は、以下のように世話役の大野和興さんまで連絡を。

 ●連絡先
  大野和興
  メールアドレス korural@gmail.com

 ●連絡内容

  • お名前・年齢
  • ご住所
    (電話・FAX、メールアドレスも)
  • つくっている作物
  • 一緒にご賛同いただける方のお名前など


 ◆宣言本文

敗戦70年目の百姓宣言
「戦没農民兵士の手紙」は二度と書かない

 岩手の村々から戦争にとられた農民兵士が戦地から実家に送った手紙をまとめた『戦没農民兵士の手紙』(岩波新書、1959)をご存知でしょうか。戦地で倒れた百姓青年たちの手紙は、お母さんのこと、農事のこと、家族のことで埋まっていました。敗戦から70年がたちました。自衛隊を世界中に送り、戦争に参加することを可能にする法案が国会に出され、軍靴の響きが現実になろうとしています。

 アジア太平洋戦争の最中、百姓は戦争遂行のために国策によって食料増産を強いられ、食糧にならない桑や花卉や果樹が引き抜かされました。「満州」移民となって、他国の同じ百姓の土地を奪ってしまった歴史もあります。

 動ける百姓は赤紙1枚で侵略戦争に駆り出されました。彼らは戦場で交戦相手の兵士や侵略先の人びとと直に向かいあい、”殺す“側に立たされました。戦地で銃弾に倒れ、餓死し病死した兵士の圧倒的部分も農民兵士でした。

 男たちを戦争にとられ、年寄りと女、子どもばかりになった村では、コメもムギもイモも“供出”させられ、女たちは家を村を守ることが国を守ることだと強いられたのでした。

 そして敗戦。農地改革で自分の土地を手にした百姓は、うれしさをかみしめながら生産に励み、戦後の飢餓に立ち向かいました。開拓農民として未来を切り拓こうと荒れ地に入植した人たち。しかし、百姓が生産する喜びを味わったのは、ほんのひとときでした。経済が復興し、経済成長の軌道に乗ると同時に、規模が小さい農業は効率が悪く、経済の発展を阻害するとされ、国策によって百姓は淘汰の対象となりました。世界を市場競争に巻き込む、いわゆるグローバリゼーションの時代が訪れ、そこにいまTPP(環太平洋経済連携協定)がかぶさり、百姓の農業はますます追いつめられています。

 もちろん百姓は負けてばかりではありません。土地、農産物価格、地域再生、自給と地産地消、都市との交流と連携、百姓を次代に引き継ぐさまざまな試み、などなどあらゆる局面で国策に抵抗し時代を創る取り組みを重ねています。百姓の抵抗と創造はいま都市の人びとを巻き込みながら次第に深まり、広がっています。

 百姓の抵抗と創造を支えてきたのは、戦争のない70年でした。それは平和におだやかに生きることを人間の権利として定めた憲法によってもたらされたものです。その憲法が今ずたずたにされようとしています。私たちは憲法を壊す戦争法案(安保法案)をただちに廃案・廃止することを要求し、百姓として宣言します。

 私たちは二度と「戦没農民兵士の手紙」は書かない。

2015年8月15日
 賛同人一同
(お名前を列記)

【参考記事】
 ・日刊ベリタ, 2015-1-5