最終更新日:2015年9月22日
2015年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 16年 17年

2015年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2015年9月の記事
2015.09.23 No.688
2015.09.22 No.687
2015.09.12 No.686
2015.09.11 No.685
2015.09.07 No.684
2015年8月の記事
2015.08.30 No.683
2015.08.27 No.682
2015.08.10 No.681
2015年7月の記事
2015.07.31 No.679
2015.07.15 No.678
2015.07.08 No.677
2015.07.07 No.676
2015年9月

2015.09.22 No.687
■スコットランド GM作物栽培禁止へ
イメージ:スコットランド
By M J Richardson

 スコットランド行政府は8月9日声明を発表し、スコットランドのきれいな、緑の地位を保護するために遺伝子組み換え(GM)作物栽培を禁止するとの方針を明らかにした。リチャード・ロックヘッド農務長官は、GM作物栽培により「美しい自然環境」というブランドが打撃を受ける懸念があり、栽培禁止により140億ポンド(約2兆7千億円)の食品産業の将来を賭けるとした。さらに、GM食品が消費者の支持を得られていないこと、GM作物が栽培されていないことがスコットランドの農産物にプレミアとなっていることなどをあげた。

 スコットランド緑の党のアリソン・ジョンストンさんは、このGM作物栽培禁止方針を歓迎しつつ、畜産製品へのGM飼料由来について表示改善をさらに推し進めるよう、農務大臣へ呼びかけたという。英国では、肉、卵や乳製品がGM飼料由来であることを明示するよう求める消費者の運動が起きている。

 一方、ナショナル・ファーマーズ・ユニオン(NFU)・スコットランドのスコット・ウォーカー氏は「失望」を表明し、他国と同じようにGM作物栽培すべきとしたという。

 EUは3月、膠着していたGM作物栽培規制について、これまでのEU一体の規制をあきらめ、加盟国に栽培規制を委ねるとするEU指令の改正を行った。これを受けて、英国でのGM作物栽培開始が取りざたされている。ウェールズと北アイルランドもGM作物栽培には反対しており、、イングランドでの栽培開始が焦点となる。

 消費者のGMへの支持の有無が、GM作物栽培禁止に対して重要な意味を持つことを示している。

 ・Scottish Government, 2015-8-9  ・BBC, 2015-8-9  ・Herald Scotland, 2015-8-9
カテゴリー
よく読まれている記事