最終更新日:2015年9月23日
2015年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 16年 17年

2015年9月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近の記事
2017.10.19 No.860
2017.10.17 No.859
2017.10.16 No.858
2015年9月の記事
2015.09.23 No.688
2015.09.22 No.687
2015.09.12 No.686
2015.09.11 No.685
2015.09.07 No.684
2015年8月の記事
2015.08.30 No.683
2015.08.27 No.682
2015.08.10 No.681
2015年7月の記事
2015.07.31 No.679
2015.07.15 No.678
2015.07.08 No.677
2015.07.07 No.676
2015年9月

2015.09.23 No.688
■ロシア 食料生産で全面的にGM禁止
イメージ:トウモロコシ

 ロシア政府はこのほど、遺伝子組み換え(GM)が懸念される限り、食料生産においてGMを使わないと決定した、とロシアのドブロコビッチ副首相が明らかにした。キーロフ市でバイオテクノロジーに関する国際会議で語ったというもの。一方では、科学と医療などに関しては研究を続けるとしている。

 ドブロコビッチ副首相は6月にも、ロシアの農業生産性向上に遺伝子組み換え技術を使わない、とサンクトペテルスブルグ国際経済フォーラムで表明していた。ロシアはこの数年、WTOの加盟条件であったGM作物栽培の開始を先送りするなど、GM食品拒否の姿勢を強めている。

 プーチン大統領は2014年3月、遺伝子組み換え食品の過剰消費から消費者保護が必要だ、と表明。メドベージェフ首相は同年4月、7月に迫っていたGM作物の作付解禁期限を2017年まで3年間延長すると発表し、GM食品を輸入しない意向であるとも明らかにしていた。

 ロシア議会では昨年2月、食品と飼料について、遺伝子組み換えを使った植物、動物、微生物の使用の禁止とGM食品の輸入制限を求める議案が上程された。この法案は成立しなかったが、議会は昨年11月、GM食品の表示規制を強化する法案を可決している。

 ロシアでは、57品目の遺伝子組み換え食品が承認されているものの、国内栽培が認められていないため、その全量が輸入品である。ロシアでのGM食品のシェアは、この10年間で12%から0.01%に落ちたという。ほぼ完全なGMOフリーといえるだろう。

 ・Russia Today, 2015-9-18  ・Russia Today, 2014-2-4
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事