最終更新日:2016年01月18日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2016年1月の記事
2016.01.21 No.692
2016.01.18 No.691
2015年11月の記事
2015.11.20 No.689
2015年9月の記事
2015.09.23 No.688
2015.09.22 No.687
2015.09.12 No.686
2015.09.11 No.685
2015.09.07 No.684
2016年1月

2016.01.18 No.691
■インド・シッキム州 州全体で有機農業に転換
地図:シッキム州

 ヒマラヤ山麓のインドで2番目に小さいシッキム州は昨年12月末、全ての農地約7万5千ヘクタールを有機農業に転換したという。近く正式に発表されると、シッキム有機ミッション(SOM)のアンバラガン事務局長が明らかにした。2003年、シッキム州は化学肥料・農薬の使用を禁止し、2015年の有機農業への完全転換を目指していた。

イメージ:シッキムの農村
シッキムの農村    
By Anja Disseldorp / flickr

 ネパールとブータンにはさまれたシッキム州は、多くが規模の小さな小農家だという。主な作物は、米、カルダモン、オレンジ、豆など。環境保護とともに、こうした農家の自立に選ばれたのが、経費でを少なくできる有機農業だという。収量は10〜15%少なくなったが、それ以上に売値が高く収入は良いという。

 州政府もオーガニック観光旅行を進めていて、有機農業を売りにした観光も活気付いているという。集落全体が有機農業と認証された村でのホームステイも用意されているという。州をあげての有機農業が、農民の経済発展をもたらすためのツールとして使われているとしている。

 ・Quartz india, 2016-1-15  ・Hindu, 2012-11-30