最終更新日:2016年05月31日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2017.08.10 No.842
2016年5月の記事
2016.05.31 No.703
2016.05.28 No.702
2016.05.22 No.701
2016.05.21 No.700
2016.05.20 No.699
2016年4月の記事
2016.04.29 No.698
2016.04.26 No.697
2016.04.23 No.696
2016.04.19 No.695
2016.04.15 No.694
2016年5月

2016.05.31 No.703
[農薬]
■台湾:輸入オートミールからグリホサート検出
残留基準値超えのグリホサート検出の製品=台湾FDAより
残留基準値超えのグリホサート検出の製品=台湾FDAより

 台湾の食品藥物管理署は5月26日、2015年度のエンバク(オート麦)製品の買い上げ検査結果を公表し、36製品中10製品から残留基準(0.1ppm)を超えるグリホサートが検出され、最も高いものは 1.18ppmだったと発表した。基準値超えの10製品の中には、日本でも販売されているクエーカーオーツのオートミール4製品が含まれている。

 検出された個々のグリホサートの残留値は公表されていない。また、残留基準を超えた製品は回収されるという。こうした違反製品を販売した業者には、6万元から2億元の罰金の可能性があるとしている。

 ・食品薬物管理署, 2016-5-26
  嘉塞檢出之産品照片(検出された製品)

 ・Taipei Times, 2016-5-27

 ● 台湾ではNGでも 日本ではOK

 日本では、農薬ポジティブリスト制度の発足により、残留基準の設定の内農産物については、原則として一律の基準値 0.01 ppmが適用されることになっている。しかし、加工食品としての残留基準値のない場合、原料の農産物の基準値が適用される。

 今回台湾で問題となった「オートミール」のについて、グリホサートの残留基準値の設定がないため、原料のエンバクの残留基準値が適用され、「その他の穀類」の 20ppmが残留基準となる。

 台湾で問題となった製品でも、日本では問題とはされないことになる。

 ・厚労省