最終更新日:2016年07月07日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年7月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2017.09.22 No.846
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2016年7月の記事
2016.07.31 No.718
2016.07.30 No.717
2016.07.27 No.716
2016.07.17 No.715
2016.07.13 No.714
2016.07.09 No.713
2016.07.08 No.712
2016.07.07 No.711
2016年6月の記事
2016.06.30 No.710
2016.06.23 No.709
2016.06.21 No.708
2016.06.18 No.707
2016.06.17 No.706
2016.06.07 No.705
2016.06.01 No.704
2016年5月の記事
2016.05.31 No.703
2016.05.28 No.702
2016.05.22 No.701
2016.05.21 No.700
2016.05.20 No.699
2016年7月

2016.07.07 No.711
■ロシア GMO排除の輸入・栽培禁止法案を可決

 ロシア上院はこのほど、科学的な研究を除き、ロシア国内での遺伝子組み換え生物の生産と輸入禁止法案を可決した。これによりロシアは、市場からGM食品が排除されることになる。違反者には最高、個人5万ルーブル(770ドル)、法人50万ルーブル(7700ドル)の罰金が科せられるという。

 ロシアは2012年の世界貿易機関(WTO)加盟に当って、米国の強硬な要求により、国内でのGM作物栽培解禁を容認していた。しかし、2015年6月、メドベージェフ首相は、この栽培開始時期を2年先送りし2017年からとする方針を表明した。前後して、ロシア政府からは、GM作物は不用との発言が相次いでいた。ロシア国会は2014年より、GMO排除の法案策定と審議を始め、2015年には下院が可決していた。

 ロシアは今年2月、GM汚染の可能性を理由にして、米国産トウモロコシと大豆の輸入を禁止している。

 ・Russia Today, 2016-6-30
【関連記事】