最終更新日:2016年07月31日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年7月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2017.11.19 No.865
2017.11.08 No.864
2017.10.27 No.863
2016年7月の記事
2016.07.31 No.718
2016.07.30 No.717
2016.07.27 No.716
2016.07.17 No.715
2016.07.13 No.714
2016.07.09 No.713
2016.07.08 No.712
2016.07.07 No.711
2016年6月の記事
2016.06.30 No.710
2016.06.23 No.709
2016.06.21 No.708
2016.06.18 No.707
2016.06.17 No.706
2016.06.07 No.705
2016.06.01 No.704
2016年5月の記事
2016.05.31 No.703
2016.05.28 No.702
2016.05.22 No.701
2016.05.21 No.700
2016.05.20 No.699
2016年7月

2016.07.31 No.718
[農薬]
■フランス 18年9月からネオニコ系農薬を禁止
honey-bees_vh_s.jpg

 農業情報研究所によれば、フランス下院は7月20日、ネオニコチノイド系農薬の禁止を含む生物多様性法案を可決した。これによりフランスでは、原則として2018年9月よりネオニコ系農薬の使用が禁止される。種子処理された種子の使用も禁止される。例外規定が設けられ、2020年7月1日までは、例外的に使用が認められるという。それ以降は全面的に禁止される。予定通りに施行された場合、EU加盟国はもちろん、先進国としても初の全面禁止となる。

 緑の党などは、農業団体などの圧力により2020年がさらに延期される可能性があると懸念している。

 ・農業情報研究所, 2016-7-21  ・Euractive, 2016-7-27

 フランスはこれまでにも、農薬規制を強化してきている。2004年には浸透性農薬の一つフィプロニルを禁止。2014年には、農薬の空中散布の禁止、2022年から個人と公的機関の農薬使用の禁止を決めている。


【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事