最終更新日:2016年08月06日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.07.21 No.837
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2016年8月の記事
2016.08.31 No.737
2016.08.30 No.736
2016.08.29 No.735
2016.08.28 No.734
2016.08.26 No.733
2016.08.22 No.732
2016.08.20 No.731
2016.08.19 No.730
2016.08.17 No.729
2016.08.16 No.728
2016.08.15 No.727
2016.08.14 No.726
2016.08.13 No.725
2016.08.12 No.724
2016.08.11 No.723
2016.08.09 No.722
2016.08.06 No.721
2016.08.05 No.720
2016.08.03 No.719
2016年7月の記事
2016.07.31 No.718
2016.07.30 No.717
2016.07.27 No.716
2016.07.17 No.715
2016.07.13 No.714
2016.07.09 No.713
2016.07.08 No.712
2016.07.07 No.711
2016年6月の記事
2016.06.30 No.710
2016.06.23 No.709
2016.06.21 No.708
2016.06.18 No.707
2016.06.17 No.706
2016.06.07 No.705
2016.06.01 No.704
2016年8月

2016.08.06 No.721
■そろそろ幕引きか 未承認GM小麦問題
140626_wheat_s.jpg

 米国農務省動植物検疫局(APHIS)は8月5日、ワシントン州の小麦を検査した結果、未承認の遺伝子組み換え小麦は見つからなかったと発表した。APHISは7月29日、ワシントン州の農場で、モンサントの未承認の除草剤ラウンドアップ耐性遺伝子組み換え小麦MON71700の自生が確認されたと発表していた。

 この自生の確認を受けて、韓国は輸入手続きを一時的に停止し、流通在庫を検査していた。ロイターによれば、韓国食品医薬品安全処は8月5日、8月1日に試験用サンプルを受け取り検査したが、ワシントン州から輸入された小麦と小麦粉から問題の未承認遺伝子組み換え小麦は見つからなかったと語ったという。

 ・APHIS, 2016-8-5  ・Reuters, 2016-8-5

 日本の農水省、厚労省からは、この遺伝子組み換え小麦の検査と結果に関する発表はない。農水省は、農水省のサイトに「2016年(平成28年)7月に米国で発見された、我が国で未承認の遺伝子組換え小麦について」と題した8月1日作成の文書を掲載。そこでは、問題の遺伝子組み換え小麦発見の経緯と日本政府の対応を述べている。また、今回の自生確認により停止している買付と売渡の対象となるウェスタン・ホワイトの輸入量は、輸入全体の約14%、年間約68万トンで、約2か月の備蓄があり問題は起きないとしている。

 ・農水省, 2016-8

 米国の検査結果を受けて農水省は、買付と売渡の一時停止を早い時期に解除しそうだ。しかし、10年以上前に「厳重な管理」のもと廃棄したはずの試験栽培品種が、突然、浮上してくるということは、管理の杜撰さを示しているといえる。

 今回のMON71700の自生確認発表の直前に韓国では、輸入の飼料用小麦から、モンサントの未承認除草剤耐性遺伝子組み換え小麦MON71800が見つかっている。この遺伝子組み換え小麦は、2013年に米国オレゴン州で自生が確認され、日本や韓国、台湾などが一時的に輸入停止の措置を取り、大きな問題となった。この品種の自生は、最終的には原因不明で片づけられた。そのMON71800が再び現れたことは、試験栽培品種が「漏出」し、広範に自生している可能性がないわけではないことを示していると言えるだろう。今後、同じような未承認品種による汚染が浮上して来ないとは断言できない。

【関連記事】