最終更新日:2016年08月19日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2016年8月の記事
2016.08.31 No.737
2016.08.30 No.736
2016.08.29 No.735
2016.08.28 No.734
2016.08.26 No.733
2016.08.22 No.732
2016.08.20 No.731
2016.08.19 No.730
2016.08.17 No.729
2016.08.16 No.728
2016.08.15 No.727
2016.08.14 No.726
2016.08.13 No.725
2016.08.12 No.724
2016.08.11 No.723
2016.08.09 No.722
2016.08.06 No.721
2016.08.05 No.720
2016.08.03 No.719
2016年7月の記事
2016.07.31 No.718
2016.07.30 No.717
2016.07.27 No.716
2016.07.17 No.715
2016.07.13 No.714
2016.07.09 No.713
2016.07.08 No.712
2016.07.07 No.711
2016年6月の記事
2016.06.30 No.710
2016.06.23 No.709
2016.06.21 No.708
2016.06.18 No.707
2016.06.17 No.706
2016.06.07 No.705
2016.06.01 No.704
2016年8月

2016.08.19 No.730
■GM一時禁止のスイス援助資金 インドでGM作物開発 一部がマヒコ社に流れる
cotton_india.jpg on Flickr
キマメ / World Agroforestry Centre on Flickr

 2005年以来、遺伝子組み換え作物(GM)栽培を一時的に禁止しているスイスは、インドにおけるバイオテクノロジー開発の援助に約5億円を拠出している。その資金が、キマメとキャッサバの害虫抵抗性GM品種開発にも使われているとスイス・インフォが報じている。援助資金の一部が、モンサントが26%の資本参加しているマヒコ社に流れているという。

 GM作物の商業栽培を禁止しているスイスが、GM作物開発に資金援助することは倫理的に正しいのか、とスイス・インフォは疑問を投げかけている。そのスイス政府は、2017年までの禁止期間を2021年までの延長を決めている。スイス・インフォの指摘のように、自らは禁止を続けながら、援助している先ではGM作物開発を行うのは矛盾している。

 スイスによるインドのバイオテクノロジー開発への援助は1999年に始まった。スイス開発協力庁(SDC)によれば、これまでに約1500万スイスフラン(約15億円)が投入されたという。2013年から2016年にかけての第4期の予算規模は、480万スイスフラン(約5億円)だという。

 インドで有機農業による農業開発支援を展開しているNGOのスイス・エイド(Swissaid)は、スイス開発庁によるGM承認の姿勢を批判し、「人びとの健康や気候変動に対抗するには、小農民にとって有機農業は最高の選択肢」だと述べている。

 ・swissinfo, 2016-7-26  ・Indo-Swiss Collaboration in Biotechnology ISCB
  Funding

 インドが商業栽培を承認しているのは、食用ではないGM綿だけである。インドにおける食用GM作物の商業栽培は進んでいない。インド政府は2010年、農民などの反対により害虫抵抗性(Bt)ナスの商業栽培を断念した。2014年5月の総選挙で勝利したインド人民党のモディ政権は、食用の遺伝子組み換え作物栽培に積極的な姿勢をみせてきた。インド遺伝子工学評価委員会(GEAC)は、米やトウモロコシ、サトウキビ、ナス、ジャガイモ、マスタードのような、いろいろな遺伝子組み換えによる食用作物の試験栽培を承認しているという。

 インドでは現在、デリー大学の開発した除草剤耐性GMマスタードの商業栽培の承認が焦点化している。インドの主要なマスタード栽培地域でもあるパンジャブ州の有機農民などは、商業栽培へ向けて手続きが進むGMマスタードに反対し抗議行動を展開している。インドの主要なマスタード栽培地域は。GMマスタードに反対しているという。

 ※マヒコ社 Mahyco:Maharashtra Hybrid Seed Company

【関連記事】