最終更新日:2016年08月19日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2016年8月の記事
2016.08.31 No.737
2016.08.30 No.736
2016.08.29 No.735
2016.08.28 No.734
2016.08.26 No.733
2016.08.22 No.732
2016.08.20 No.731
2016.08.19 No.730
2016.08.17 No.729
2016.08.16 No.728
2016.08.15 No.727
2016.08.14 No.726
2016.08.13 No.725
2016.08.12 No.724
2016.08.11 No.723
2016.08.09 No.722
2016.08.06 No.721
2016.08.05 No.720
2016.08.03 No.719
2016年7月の記事
2016.07.31 No.718
2016.07.30 No.717
2016.07.27 No.716
2016.07.17 No.715
2016.07.13 No.714
2016.07.09 No.713
2016.07.08 No.712
2016.07.07 No.711
2016年6月の記事
2016.06.30 No.710
2016.06.23 No.709
2016.06.21 No.708
2016.06.18 No.707
2016.06.17 No.706
2016.06.07 No.705
2016.06.01 No.704
2016年8月

2016.08.19 No.730
■栽培禁止を21年まで延長を決めたスイス GM作物はオプションの一つ

 2005年以来、遺伝子組み換え作物の商業栽培を禁止してきたスイスはこのほど、2021年までの5年延長を政府が決定した。この決定には、議会の承認が必要だという。

 スイスは2005年、国民投票で遺伝子組み換え作物栽培の5年間の禁止を決めた。その後スイス議会は2010年、禁止期間を2013年まで延長。2012年には、2017年まで禁止期間を延長していた。スイスでは、試験栽培がケーバイケースで認められている。

 禁止の延長を決めたといってもスイス政府の立場は、GM作物の商業栽培は将来的なオプションの一つだというもので、全面的な禁止の意向は持っていないという。

 こうした政府の動きに対して、農民運動Uniterreは今年3月、スイスにおけるGM作物栽培禁止を含む、食料主権に関する国民投票に必要な署名を集めたという。この提案に対して、政府は反対の意向を明らかにしている。

 ・Swiss Info, 2016-6-29