最終更新日:2016年09月3日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2016年9月の記事
2016.09.16 No.744
2016.09.14 No.743
2016.09.14 No.742
2016.09.12 No.741
2016.09.11 No.740
2016.09.07 No.739
2016.09.03 No.738
2016年8月の記事
2016.08.31 No.737
2016.08.30 No.736
2016.08.29 No.735
2016.08.28 No.734
2016.08.26 No.733
2016.08.22 No.732
2016.08.20 No.731
2016.08.19 No.730
2016.08.17 No.729
2016.08.16 No.728
2016.08.15 No.727
2016.08.14 No.726
2016.08.13 No.725
2016.08.12 No.724
2016.08.11 No.723
2016.08.09 No.722
2016.08.06 No.721
2016.08.05 No.720
2016.08.03 No.719
2016年9月

2016.09.03 No.738
■農水省 米国産小麦の輸入を再開 GM小麦自生の原因は不明のまま
140626_wheat_s.jpg
小麦

 農水省は9月1日、7月末より停止していた一部米国産小麦の輸入を再開、とロイターが報じた。米国ワシントン州で7月29日、モンサントの未承認の除草剤耐性遺伝子組み換え(GM)小麦が見つかり、ワシントン州などで生産される食用小麦のウェスタン・ホワイトと、米国西海岸から輸出される飼料用小麦について買付と売渡を一時的に停止していた。厳重に管理され、完全に廃棄されたはずのGM小麦自生の原因が分からないまま、輸入が再開される。

 農水省は8月24日、GM小麦の検出方法を確立したので、確認のできたものから売渡しを順次再開すると発表。輸入小麦について、これまでのMON71800にくわえMON71700の検査も行い、問題のないものだけを輸入するとしている。

 ・Reuters, 2016-9-1  ・農水省, 2016-8-24

 このワシントン州で見つかったGM小麦は、2000年前後にワシントン州で試験栽培されていた、除草剤ラウンドアップ耐性GM小麦MON71700。なぜ自生していたかの原因に関する発表はまだない。2013年に米国オレゴン州でモンサントの未承認GM小麦の自生が見つかったケースでは、「原因不明」で幕引きとなっている。おそらく、今回も同じように「原因不明」で幕引きとなるだろう。

【関連記事】