最終更新日:2016年09月11日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2017.09.22 No.846
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2016年9月の記事
2016.09.16 No.744
2016.09.14 No.743
2016.09.14 No.742
2016.09.12 No.741
2016.09.11 No.740
2016.09.07 No.739
2016.09.03 No.738
2016年8月の記事
2016.08.31 No.737
2016.08.30 No.736
2016.08.29 No.735
2016.08.28 No.734
2016.08.26 No.733
2016.08.22 No.732
2016.08.20 No.731
2016.08.19 No.730
2016.08.17 No.729
2016.08.16 No.728
2016.08.15 No.727
2016.08.14 No.726
2016.08.13 No.725
2016.08.12 No.724
2016.08.11 No.723
2016.08.09 No.722
2016.08.06 No.721
2016.08.05 No.720
2016.08.03 No.719
2016年9月

2016.09.11 No.740
■モンサントから「バイサント」へ?
 バイエルのモンサント買収は最終局面
Roundup_s.jpg
モンサントの除草剤 / Mike Mozart / Flickr

 バイエルによるモンサント買収は最終局面を迎えている、とブルームバーグが9月9日報じた。関係筋の話として、交渉は継続しているが、来週、両社の役員会が予定されているという。昨年来、ダウとデュポンの合併、中国化工によるシンジェンタの買収、バイエルによるモンサントの買収と、農薬・種子業界が「再編」に動いている。まだ先行きは不透明だが、悪徳農薬・種子企業の代名詞「モンサント」の社名が消え去る可能性が大きくなってきた。

 ・Bloomberg, 2016-9-9

 バイエルは9月5日、買収価格を1株127.5ドルまで上げたと発表した。モンサントもバイエルも、それ以外は明らかにしていない。ロイターによれば、評価額をめぐる両社の溝は狭いとしてる。しかし、反トラスト法への対応などについて合意が取れていないという。

 バイエルがモンサントの買収に成功した場合、買収後の農薬と種子のシェアがそれぞれ約3割に達する。米国やEUなどの関係国の独禁法監査機関の審査で、分割や一部売却が求められるかもしれない。一部には、米国の権益を損なう買収は承認されないだろうという見方もある。

 ・Bayer, 2016-9-6  ・Reuters, 2016-9-6

 ● 農民組織は[再編」に反対

 米国では小規模な家族経営の農家が、こうした「再編」の影響を真正面から受けるとして、全米農民組合(NFU)は9月6日、モンサント買収の進展の報道を受けて、規制当局へ買収を認めないよう求める声明を発表した。

 声明は、農薬・種子企業の「再編」は、小農家や地方のコミュニティ、消費者の負担によって大企業に利益を得させるものだとしている。そして、安い農産物価格と高い資材価格が、農場経営に負担となるばかりか、独立した資材企業をも損なうことになり、地方の農家の減少と農村の過疎化を招くという。その上で、規制当局に対して、市場競争をさらに麻痺させる買収の拒絶を求めるとしている。

 ・National Farmers Union,2016-9-6
【関連記事】