最終更新日:2016年4月26日
2016年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 17年

2016年4月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2016年4月の記事
2016.04.29 No.698
2016.04.26 No.697
2016.04.23 No.696
2016.04.19 No.695
2016.04.15 No.694
2016年2月の記事
2016.02.27 No.693
2016年1月の記事
2016.01.21 No.692
2016.01.18 No.691
2016年4月

2016.04.29 No.698
■非GM原料のトウモロコシ菓子からGM成分
 農民連食品分析センターが検査
GM成分が検出されたトウモロコシ菓子=農民連食品分析センター提供
GM成分が検出されたトウモロコシ菓子=農民連食品分析センター提供

 農民連食品分析センターは4月28日、都内で市販されているトウモロコシを使ったスナック菓子など26点の遺伝子組み換え検査結果を公表した。原料表示が「遺伝子組み換えでない」ものとNon-GMO Projectの認証品の19点のうち7点からGM成分を検出したという。MON810(モンサント)、Bt11(シンジェンタ)など5種類の組み換え遺伝子について、その遺伝子の有無を検査する定性試験を実施して見つかったとしている。


2016.04.26 No.697
[農薬]
■欧州議会 グリホサートの再認可に条件付の決議
日本のホームセンターで売られるラウンドアップ
日本のホームセンターで売られるているラウンドアップ

 EU議会本会議は4月13日、6月に切れるグリホサートの再認可に関し、現在より厳しい使用条件をつけ、15年ではなく7年間の再認可とすべきだとする決議を議決した。賛成は374、反対225、棄権102。欧州議会環境委員会は3月、再認可反対を賛成多数で議決していたが、条件付きとはいえ、本会議で覆された形となった。


[農薬]
■フランス:一部のグリホサート製剤禁止を決定

 フランスはグリホサートの再認可に反対の姿勢を明らかにしているが、食品環境労働衛生安全庁(ANSES)は4月8日、モンサントのラウンドアップを含む、一部のグリホサート製剤を禁止する方針を決定したとロイターが報じた。


2016.04.23 No.696
[農薬]
■フランス ネオニコ系農薬を禁止

 フランス議会は3月17日、18年9月からの全てのネオニコチノイド系農薬禁止法案を可決した。法案は17年1月から禁止を目指したが、農業への影響懸念からネオニコに代わる代替案検討のため18年9月に延期された。


[農薬]
■米国家庭用農薬メーカー ミツバチ保護で脱ネオニコ宣言

 米国の家庭用農薬メーカーのScottsMiracle-Gro社は4月12日、同社の芝生や園芸用農薬(オルト・ブランド)から、ミツバチ保護のために、ネオニコ系農薬(イミダクロプリド、クロチアニジン、ジノテフラン)を、2017年までに排除すると発表した。


[農薬]
■米国 州レベルでもネオニコ規制に踏み出す

 自治体レベルでのネオニコ系農薬規制が動きだしている米国で、メリーランド州議会はこのほど、2018年から家庭用のネオニコ系農薬の購入を禁止する法案を可決した。州知事は拒否権を使うかどうか態度を明らかにしていないというが、拒否権を使ったとしても再議決が可能な賛成票があるとみられているという。


2016.04.19 No.695
[農薬]
■「子ども・ミツバチ保護法制定」署名に2万3千人
160419_GP_s2
小川議員に署名を提出=4月19日

 グリーンピース・ジャパンは4月19日、昨年年4月から今年4月18日までに集めた「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」23,655筆を参議院農林水産委員会筆頭理事の小川勝也議員に提出した。賛同団体は、農業団体、生産者、養蜂家、幼稚園など25団体を数えた。この署名は、今後、厚労省や農水省へも提出するとしている。


[農薬]
■厚労省 ネオニコ系新農薬スルホキサフロルの登録保留
bees through glass by Martin LaBar, on Flickr
by Martin LaBar, Flickr

 厚労省は3月4日、薬事・食品衛生審議会食品衛生分科会農薬・動物用医薬品部会で、ネオニコ系農薬スルホキサフロルの登録に向けた残留基準値の設定中止を明らかにした。これにより、スルホキサフロルの登録は保留されることとなった。


2016.04.15 No.694
■中国 主食用の遺伝子組み換え作物商業栽培に舵を切る

 中国は、本格的に主食作物の遺伝子組み換え品種の商業栽培に踏み切る方針、と中国日報が報じた。2016年からの第13次5カ年計画において、害虫抵抗性GMトウモロコシの商業栽培を推進する、と中国農業部の遼・科学技術教育司長が4月13日の記者会見で明らかにした。

 中国はこれまで、害虫抵抗性のGMイネとともにGMトウモロコシの試験栽培を承認していたが、主食作物へのGM品種の商業栽培には、消費者の懸念に慎重とも見える姿勢をとってきた。


■中国 とりあえずGMイネの商業栽培は慎重な姿勢

 中国農業部の遺伝子組み換え担当部の次長はこのほど、「中国の遺伝子組み換えイネの開発は進展しているが、短期的には商業規模での栽培は行わない」と述べた、と環球時報が報じた。

 中国の遺伝子組み換え政策は、2016年の中国共産党中央委員会の中央1号文書では「農業の遺伝子組み換え技術の研究開発と監督管理を強化し、安全を確保した上で慎重に普及させる」として、慎重姿勢を崩してはいない。


■中国で広範囲なGM汚染が見つかる
 グリーンピースが公表

 グリーンピースは1月6日、中国遼寧省で販売されるトウモロコシの種子や市場で販売されているトウモロコシからGM成分を高率で検出したと発表した。中国ではGMトウモロコシの栽培は認められていない。

 グリーンピースの調査は昨年5月から12月にかけて行われた。無作為でサンプリングした遼寧省内5郡のトウモロコシ種子の93%から、モンサントなど4社のGM成分を検出したとしている。一部の郡では100%GM汚染されていたとしている。

カテゴリー
よく読まれている記事