最終更新日:2017年1月19日
2017年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2017.07.21 No.837
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017年1月の記事
2017.01.30 No.758
2017.01.26 No.757
2017.01.25 No.756
2017.01.21 No.755
2017.01.20 No.754
2017.01.19 No.753
2016年12月の記事
2016.12.01 No.752
2016年11月の記事
2016.11.30 No.751
2016.11.29 No.750
2016.11.28 No.749
2016.11.23 No.748
2016.11.17 No.747
2016.11.16 No.746
2017年1月

2017.01.19 No.753
■EU グリホサート禁止を求める市民発議の登録受理
 1年で100万人の署名が必要
26979619191_efbc4f1a20_z.jpg / Flickr
店頭のラウンドアップのラベル張替運動を展開 / Global Justice Now / Flickr

 EU委員会は1月10日、グリホサートの禁止、農薬登録手続きの改革、EUにおける農薬使用削減目標の設定を加盟国に提案するよう求める市民発議(ECI)の登録受理を発表した。1月25日から12ヶ月以内に100万人を目標とした署名運動が始まるという。有効署名が集まった場合、欧州議会での公聴会などを経て、EU委員会は何らかの措置を迫られ、昨年のグリホサート登録延長の反対運動が新たな段階へ入ることになる。

 EUは、2012年発効したリスボン条約で市民発議による立法手続きを決めている。加盟7か国以上から100万人以上の有効な署名により、EU委員会は公聴会などを経て法的・政策的な措置の検討が求められる。措置しない場合はその理由を公表しなくてはならない。

 市民発議の手続きでは、紙またはオンラインで集めた署名について、当該国の政府所管官庁による有効数の認定が必要とされる。大国による横暴を防ぐために、加盟国ごとに必要な最低署名数も決められている。有効署名数の確定後、発議がEU委員会に提出され、3か月以内に措置が決定されるという。

 昨年のEUにおけるグリホサートの農薬登録更新では、200万人以上のウェブ反対署名が集まっていた。

 ・European Commission, 2017-1-10  ・EUMAG, 2012-9-7  ・EurActiv, 2017-1-11
【関連記事】