最終更新日:2017年1月19日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2017.11.19 No.865
2017.11.08 No.864
2017.10.27 No.863
2017年1月の記事
2017.01.30 No.758
2017.01.26 No.757
2017.01.25 No.756
2017.01.21 No.755
2017.01.20 No.754
2017.01.19 No.753
2016年12月の記事
2016.12.01 No.752
2016年11月の記事
2016.11.30 No.751
2016.11.29 No.750
2016.11.28 No.749
2016.11.23 No.748
2016.11.17 No.747
2016.11.16 No.746
2017年1月

2017.01.19 No.753
■欧州食品安全機関 グリホサート試験データを「公開」
Roundup_s.jpg / Flickr
RoundUp Monsanto / Mike Mozart者 / Flickr

 欧州食品安全機関(EFSA)は昨年12月9日、グリホサートの試験データを公開を求めていた欧州議会議員などに「シェア」したと発表した。しかし「開示」を受けたNGOの欧州企業監視所(CEO)は、企業機密保護への懸念から、そのデータは「編集された」ものだったと指摘している。EFSAは昨年9月末、データの「開示」を予告していた。

 EFSAは12月9日の声明で、情報公開に十分に対応していて、(編集された)データで十分にグリホサートの評価が可能だと述べている。一方、「開示」を受けた欧州企業監視所は「本当に十分なのか」と疑問を述べている。加えて、EFSAにより「公開」された約2800ページの試験データはPDFであり、電子的な処理のできない形式であり、再検証の際に間違いが起きる可能性があり問題だと指摘している。

 欧州企業監視所によれば、「公開」されたデータの一つは、日本のアリスタライフサイエンスによるものだという。アリスタ社は2001年にトーメンとニチメンによって設立されたが、15年に米社に買収されている。

 ・EFSA, 2016-12-9  ・Corporate Europe Observatory:CEO, 2016-12-14

 ● 欧州議会議員 完全開示を求める

 グリホサートの試験データの「開示」を受けた、欧州議会内会派の欧州緑グループ・欧州自由連盟(Greens/EFA)の議員4名は1月10日、EFSAに対してグリホサートの承認に関するデータへの完全なアクセスを求める要請書を送ったと明らかにした。EFSAが開示したデータは、編集された限定的なもので、内容的にも再検証に不足するものだったと指摘している。

 ・Greens/EFA, 2017-1-11  ・Heidi Hautala 他, 2017-1-10

 欧州企業監視所の指摘や、欧州緑グループ・欧州自由連盟が完全なアクセスを求めているように、「編集」されない再検証可能な生のデータでなければ「公開」したことにはならない。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事