最終更新日:2017年1月20日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2017.11.19 No.865
2017.11.08 No.864
2017.10.27 No.863
2017年1月の記事
2017.01.30 No.758
2017.01.26 No.757
2017.01.25 No.756
2017.01.21 No.755
2017.01.20 No.754
2017.01.19 No.753
2016年12月の記事
2016.12.01 No.752
2016年11月の記事
2016.11.30 No.751
2016.11.29 No.750
2016.11.28 No.749
2016.11.23 No.748
2016.11.17 No.747
2016.11.16 No.746
2017年1月

2017.01.20 No.754
■遺伝子組み換え品種を止めたブルキナファソの綿作
 今シーズンは増収・品質アップ
160103_cotton_s.jpg

 モンサントの除草剤耐性遺伝子組み換え品種の収穫悪化と低品質により、今シーズンから従来品種の綿に全面的に切り替えた、西アフリカのブルキナファソでは、品質が戻り、昨シーズンより25%の増収との見込みを農業相が語ったという。

 ブルキナファソの綿は、長繊維が売り物であった。しかし、モンサントの遺伝子組み換え品種を増収目的で導入したところ、繊維長が短くなり収量も低下したことから問題化していた。今シーズン、遺伝子組み換え品種の栽培をやめ、全面的に従来の非遺伝子組み換え品種に切換えていた。

 この品質低下による損害についてブルキナファソは、モンサントに対し約80億円の損害賠償を要求し交渉が続いている。

 昨年5月、ブルキナファソのGM綿からの切換方針を受けて、モンサントはブルキナファソでの事業停止を表明していた。

 ・Reuters Africa, 17 Jan 2017  ・YarnsandFibers News Bureau, 2017-1-17
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事