最終更新日:2017年1月21日
2017年
5月
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年1月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
最近の記事
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017年1月の記事
2017.01.30 No.758
2017.01.26 No.757
2017.01.25 No.756
2017.01.21 No.755
2017.01.20 No.754
2017.01.19 No.753
2016年12月の記事
2016.12.01 No.752
2016年11月の記事
2016.11.30 No.751
2016.11.29 No.750
2016.11.28 No.749
2016.11.23 No.748
2016.11.17 No.747
2016.11.16 No.746
2017年1月

2017.01.21 No.755
■モンサント・バイエル 買収承認で80億ドル投資を「約束」か トランプとトップ会談

 昨年9月、660億ドルでモンサントがバイエルに買収されることで合意したが、この買収は米国の反トラスト法による審査を受けている。両社のトップは先週、トランプと彼の政権移行チームと会談し、買収が承認されるのと引き換えに80億ドルの投資を約束したという。モンサントは1月17日、声明を発表し「非常に実りの多い会議」だったとしている。

 報道によれば、セントルイスの研究所はそのまま残し、9千人の雇用を維持し、新たに3千人の雇用を生み出すとしている。モンサントが一時は、本社機能を欧州への移転をほのめかしていたことを考えると、トランプの前に跪いた形といえるだろう。

 このトップ会談で買収承認が現実味を帯びてきたようにもみえる。モンサントの声明を受けて全米農民組合は1月17日、買収承認が競争を減らし、資材コストがアップへの懸念を述べ、買収反対を改めて強調する声明を出した。

 ・Monsanto, 2017-1-17  ・Chem.info, 2017-1-20  ・National Farmers Union, 2017-1-17
2013_share_pesticide_seed_s.jpg
  [画面クリックで拡大]

 バイエルによるモンサント買収によりシェアは、農薬部門で26%、種子部門で29%と寡占化がより進行する。この買収の関係国は30か国に及び、特にEUの独禁審査が厳しくなる模様。EUの審査では、中国化工によるシンジェンタ買収、デュポンとダウの合併について、まだ結論は出ていない。長期化の見通しすら出ている。バイエルとモンサントは、17年末までに買収を完了としていた。バイエルのモンサント買収については、そのものの否認、あるいは企業分割や特定分野の切り離しなど、まだ着地点は見えていない。

 全米農民組合が懸念するように、寡占化の進行により種子(品種)の選択肢が狭まり、資材価格の上昇を招くなど悪影響しかもたらさないことは確かだ。

【関連記事】