最終更新日:2017年2月5日
2017年
5月
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
最近の記事
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017年2月の記事
2017.02.28 No.770
2017.02.25 No.769
2017.02.24 No.768
2017.02.17 No.767
2017.02.13 No.766
2017.02.10 No.765
2017.02.07 No.764
2017.02.06 No.763
2017.02.05 No.762
2017.02.04 No.761
2017.02.03 No.760
2017.02.02 No.759
2017年1月の記事
2017.01.30 No.758
2017.01.26 No.757
2017.01.25 No.756
2017.01.21 No.755
2017.01.20 No.754
2017.01.19 No.753
2016年12月の記事
2016.12.01 No.752
2017年2月

2017.02.05 No.762
■絶えない輸入種子の遺伝子組み換え汚染
cotton_seed.jpg
ワタの種子

 農水省は2月2日、輸入時の栽培用種子に対する未承認遺伝子組み換え品種の混入検査で、パパイヤとワタで未承認遺伝子組み換え種子の混入が見つかったと公表した。この2つの他にカリフラワー、小麦、大豆、ピーマンについては検出されなかったとしている。

 見つかった未承認の遺伝子組み換え種子の混入は、パパイヤが39件中2件、ワタが6件中5件だったとしている。

170202_maff_seed_test_m.jpg
   画面クリックで拡大

パパイヤとワタへの遺伝子組み換え種子の混入はここ数年、毎年のように見つかっている。これまでに、中国産のワタ種子から見つかっている。台湾産のパパイヤ種子からも見つかり、沖縄では自生も確認され抜き取りが実施されている。

 ・農水省, 2017-2-2

 農水省はこれまでに、遺伝子組み換え種子の混入があったアマ、パパイヤ、ワタ、トウモロコシ、ジャガイモについて輸入種子の検査を行っている。16年度で、新たにキャベツなどアブラナ科の野菜類が追加された。現在、GMナタネについては13品種の栽培が承認されているが、同じアブラナ科のキャベツやカリフラワーなどについては承認されていない。

 現在、栽培が承認されている遺伝子組み換え作物は、カーネーションなどの花卉も含めて125品種ある。セイヨウナタネ、大豆、トウモロコシに限れば108品種になる。これらのすでに承認された遺伝子組み換え作物の種子が混入していたとしても、カルタヘナ法では違反とはならない。これらの栽培が承認されている遺伝子組み換え品種が栽培されたとしても、法的には問題とならない。北海道、新潟県、神奈川県など、遺伝子組み換え作物の栽培を条例で規制している自治体を除けば、いつでも栽培が可能な状態にある。

● カルタヘナ法で栽培が承認されている品種数
作 目 栽培可能な品種数
 セイヨウナタネ 13
 ダイズ 20
 テンサイ 1
 トウモロコシ 75
 パパイヤ 1

 栽培用種子の国内自給率が、すでに10%を割り込んでいるといわれて久しいが、種子を輸入に依存している現状では、遺伝子組み換え種子の混入はあっても不思議ではない。これまでにも、市民団体の調査で、ホームセンターで販売されていた菜花の種子から検出されたこともある。