最終更新日:2017年3月2日
2017年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017年3月の記事
2017.03.31 No.785
2017.03.30 No.784
2017.03.29 No.783
2017.03.25 No.782
2017.03.22 No.781
2017.03.20 No.780
2017.03.17 No.779
2017.03.16 No.778
2017.03.14 No.777
2017.03.08 No.776
2017.03.07 No.775
2017.03.05 No.774
2017.03.04 No.773
2017.03.03 No.772
2017.03.02 No.771
2017年2月の記事
2017.02.28 No.770
2017.02.25 No.769
2017.02.24 No.768
2017.02.17 No.767
2017.02.13 No.766
2017.02.10 No.765
2017.02.07 No.764
2017.02.06 No.763
2017.02.05 No.762
2017.02.04 No.761
2017.02.03 No.760
2017.02.02 No.759
2017年3月

2017.03.02 No.771
■すぐにも農薬の大幅削減が可能
 フランスで大規模な分析
pesticide_spray_24443679794_m.jpg / Flickr
農薬散布 / Aqua Mechanical / Flickr

 フランス国立農業研究所(INRA)の研究チームは、フランスの全農地の約6割で生産性や収益性を損なうことなく農薬使用量を大幅に減らすことができるとする研究結果をネチャー・プランツ(電子版)に発表した。フランスの商業的な非有機の農場946か所で、農薬使用量と生産性、収益性について分析した大規模な分析。

 研究によれば、サンプルとなった77%の農場では、少ない農薬使用量と高い生産性・採算性との間に対立する関係は見出せなかったとしている。その上で、フランス全体の59%の農場で、生産性・採算性を損なうことなく42%の農薬削減が可能だと見積もったとしている。この削減量は、除草剤の37%、殺菌剤の47%、殺虫剤の60%の使用量削減に相当するという。

 この研究は、ほとんどの生産現場において、すぐにも農薬削減が実施できることを証明しているとしている。

 ・Nature Plant, 2017-3-1

 2018年9月から全てのネオニコチノイド系農薬が禁止されるなどフランスでは、環境影響を考慮し、農薬の使用を厳しく規制しようとしている。この研究は、農薬使用が前提の慣行農業で、必要以上に農薬を使っていることと、その削減が容易なことを示している。フランスの慣行農家に対して、農薬削減を促す効果があると思われる。農薬使用量の削減が、人の健康や生物多様性の維持、環境保全にとって重要なことははっきりしている。その点でも、こうした研究がフランスだけではなく、広く用いられることを期待したい。

 国連食糧農業機関(FAO)の統計によれば、日本は、世界で1、2を争う農薬使用大国だという。例えば、斑点米カメムシ防除への過剰な農薬散布が指摘されている現状にあって、この研究結果はかなり重要な意味がある。

【関連記事】