最終更新日:2017年3月30日
2017年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017年3月の記事
2017.03.31 No.785
2017.03.30 No.784
2017.03.29 No.783
2017.03.25 No.782
2017.03.22 No.781
2017.03.20 No.780
2017.03.17 No.779
2017.03.16 No.778
2017.03.14 No.777
2017.03.08 No.776
2017.03.07 No.775
2017.03.05 No.774
2017.03.04 No.773
2017.03.03 No.772
2017.03.02 No.771
2017年2月の記事
2017.02.28 No.770
2017.02.25 No.769
2017.02.24 No.768
2017.02.17 No.767
2017.02.13 No.766
2017.02.10 No.765
2017.02.07 No.764
2017.02.06 No.763
2017.02.05 No.762
2017.02.04 No.761
2017.02.03 No.760
2017.02.02 No.759
2017年3月

2017.03.30 No.784
■米国:グリホサート・フリー認証 背景に農薬懸念

 消費者の間に農薬懸念が大きい米国で、このほど新たな民間の任意認証として残留グリホサート・フリー認証が始まった。サンプルを検査して検出限界未満であることを確認した製品に、「グリホサート・フリー」の認証マークを表示するというもの。グリホサートの検査は、FDAに登録した独立の第三者検査機関に委託するという。グリホサートは、モンサントの除草剤ラウンドアップの主成分であり、国際がん研究機関が2015年3月、おそらく発がん性があるとする見解を明らかにしている。

 残留グリホサート・フリー認証は、これまでグリホサート反対の運動を展開していた団体Detox Projectが始めたもので、認証には、次のような要件のクリアが必要としている。

  • 少なくとも年3回、異なるロットでの検査
  • 残留グリホサートとその代謝物のアミノメチルホスホン酸(AMPA)が不検出であること。検出限界は0.01ppm。
  • 残留グリホサート・フリーへの2年間の移行期間製品は、残留グリホサートとAMPAが0.2ppm未満であること。

 ・Detox Project, 2017-3-19

 2014年の米国コンシューマー・リポーツの調査では、消費者の85%が農薬に懸念を持っているという結果が出ている。遺伝子組み換え食品に関する民間の独自認証のNon−GM認証では、農薬の検査は行っていない。

 ・Consumer Reports, 2015-3-19