最終更新日:2017年4月28日
2017年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
最近の記事
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年3月の記事
2017.03.31 No.785
2017.03.30 No.784
2017.03.29 No.783
2017.03.25 No.782
2017.03.22 No.781
2017.03.20 No.780
2017.03.17 No.779
2017.03.16 No.778
2017.03.14 No.777
2017.03.08 No.776
2017.03.07 No.775
2017.03.05 No.774
2017.03.04 No.773
2017.03.03 No.772
2017.03.02 No.771
2017年4月

2017.04.28 No.795
■英国:昨年に続きネオニコ系農薬の緊急使用を却下
natane_2066612887.jpg / Flickr
セイヨウナタネ畑(英国) / Walwyn / Flickr

 英国環境・食料・農村地域省は4月25日、全英農業者連盟(NFU)が申請したネオニコチノイド系農薬の緊急使用を却下した。全英農業者連盟は、ナタネの葉を食害するノミハムシの防除に必要だとして、クルーザーOSR(チアメトキサム)とバイエルクロップ サイエンスのモデスト(クロチアニジン)の限定的な使用を申請していた。環境・食料・農村地域省の農薬諮問委員会による緊急使用の必要がないとの勧告を同省が受け入れたもの。

 全英農業者連盟は15年から3年連続で、この緊急使用の申請を行っているが、15年には認められたものの、昨年は却下された。

 ネオニコチノイド農薬の禁止を求めキャンペーンを行ってきた大地の友(英国)は、この決定について「今週、ミツバチはほっと一息つける」と、同省の決定を歓迎する声明を出した。

 大地の友のベル氏はメディアに対し、「禁止されたミツバチに有害な農薬を使おうというNFUの企てには問題があることが明らかになった。専門家のアドバイスに従い、大臣が申請を却下したことはよいことだ」「病害虫管理を助ける有益な昆虫だけではなく、送粉者を害することが分かっている製品を再び使わずに、作物を保護する効果的なミツバチにやさしい方法を見出すよう農民へのサポートが必要だ」と語ったという。

 ・Farming, 2017-4-25  ・Freinds of Earth, 2017-4-25

 全英農業者連盟が緊急使用を申請した2つのネオニコ系農薬のチアメトキサムとクロチアニジンは、もう一つのネオニコチノイド系農薬のイミダクロプリドとともに、2013年12月より一時的に使用が禁止されている。EU委員会は、これら3つの農薬について、ミツバチへのリスクの再検討を理由として禁止した。しかしEUの規則は、非常時に限定して加盟国が禁止規則の適用を制限できるという抜け穴があり、恣意的な運用がなされていると報告されてもいる。

 EU委員会は3月、これら3つの農薬(チアメトキサム、クロチアニジン、イミダクロプリド)の全面禁止の方針を決めたと報じられている。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事