最終更新日:2017年5月1日
2017年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年5月

2017.05.01 No.798
■ベルギー:グリホサート系農薬の個人使用禁止へ
Roundup_26979619191_s.jpg / Flickr
Roundup / Global Justice Now / Flickr

 ベルギー農業相は4月27日、グリホサート系農薬を農業用に限定するとの方針を明らかにしたという。2017年末までに農業用でない用途の販売を禁止し、私的な庭での使用も禁止するというもの。国際農薬行動ネットワーク・欧州など3団体は28日、この方針を歓迎する声明を出した。この方針が予防原則に則ってなされたとして評価している。

 ベルギー連邦を構成する3つの地域のうち2つの地域(ワロン地域、ブリュッセル首都圏)では、グリホサート系農薬の私的な使用が禁止されているものの、販売まで禁止に至っていないという。今回の方針により、ベルギーでの私的使用の禁止を確実にするものとしている。

 声明は、農薬のない世界へ向けた最初の良いステップと評価している。その上で、この方針をきっかけに、個人使用でのあらゆる有害な農薬の禁止とともに、農業分野でのグリホサートの削減につながるよう、病害虫管理の危険で古いやり方の転換に道を開くことを期待するともしている。また、店頭在庫を考慮した法的枠組みを早急に作るように要請している指摘している。

 ・PAN Europe, 2017-4-28

 EU委員会の専門機関である欧州化学機関は先ごろ、グリホサートの発がん性を否定する見解をまとめた。EU委員会はこの評価をテコに、グリホサートの再度の農薬登録を狙ったが、加盟国の特定多数の賛成を得られず、その登録は宙に浮いている。

 こうした中、欧州議会の超党派の30名の議員は3月24日、EU委員会ユンカー委員長に対して、グリホサートの農薬登録をしないよう求める公開状を送っている。

 ・GM Watch, 2017-3-25

 グリホサートの農薬登録に関しては市民の動きも大きくなっている。70あまりのNGOなどの支援を受けて、EU委員会にグリホサートの禁止などを求める市民発議へ向けた署名集めが1月から始まっている。わずか3か月あまり。すでに72万人の署名が集まっている。


【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事