最終更新日:2017年5月10日
2017年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017年5月の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年5月

2017.05.10 No.803
■米国連邦地裁 ネオニコ系農薬承認の違法性を認める
170509_butana-2_s.jpg

 米国連邦地裁は5月8日、米国環境保護庁がネオニコチノイド系農薬の登録手続きが絶滅危惧種保護法に違反していたとする決定を下した。この裁判は、2013年3月、米国の4人の養蜂家と食品安全センター(CFS)、農薬行動ネットワーク・北米(PAN)、シエラクラブなど提訴していたもの。

 決定は、21種類のクロチアニジンと38種類のチアメトキサムの承認について原告の訴えを認めた。その上で、まず原告と被告の環境保護庁による和解協議を命じている。裁判には、被告側補助参加人としてバイエル・クロップサイエンスが加わっている。

 食品安全センターのキンブレル代表は「50年以上前、レイチェル・カーソンは有毒な農薬を避けるよう警告したが、今回の決定は新たな沈黙の春を防ぐことができるかもしれない」と歓迎する声明を出した。また、この判決は、59種類のクロチアニジンとチアメトキサムの禁止につながる可能性があると評価している。

 ・Center for Food Safety, 2017-5-9
 ・訴状
 ・判決
 ・Center for Food Safety, 2013-3-21

 米国では2013年、米国蜂蜜生産者協会など養蜂関係4団体と個人が、環境保護庁とダウ・アグロサイエンスを相手取って、ネオニコ系農薬のスルホキサフロルの登録取消しを求めて提訴している。2015年、ミツバチに非常に有毒であるとする研究があるにもかかわらず、環境保護庁が適切な影響評価を行っていなかったことが連邦法に違反するとして、巡回控訴裁判所は登録無効の判決を下した。この判決を受けて環境保護庁は同年11月、スルホキサフロルの登録を取り消した。

【関連記事】