最終更新日:2017年5月11日
2017年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年5月

2017.05.11 No.805
■モンサント買収
 バイエルは除草剤とGM種子事業を売却へ

 南アフリカ競争委員会はこのほど、バイエルの除草剤リバティ事業の売却などを条件に、バイエルのモンサント買収を承認したと発表した。バイエルとモンサントは昨年9月、バイエルによる買収で合意した。この買収は、関係国30か国の競争規制機関の承認審査をクリアする必要がある。

 南アではワタの90%が遺伝子組み換え品種であり、買収によりワタ種子の独占状況が生まれることから、南ア競争委員会はバイエル・クロップサイエンスの南アフリカにおけるワタ事業の売却と、リバティ・リンク(除草剤グルホシネート耐性)事業と関連する除草剤リバティ事業の世界規模での売却を求めた。あわせて3年間は種子とネオニコチノイド系殺虫剤のポンチョ(クロチアニジン)を25%割引で販売しなければならないとした。売却に伴う20名の雇用確保も条件とした。

 ・Competition Commission of South Africa (CCSA), 2017-5-7

小農民の状況は代わらない ACBは批判

 南ア競争委員会の発表を受けてアフリカ・バイオセイフティ・センター(ACB)は、南ア競争委員会の条件が企業にとって長期的には最小限のダメージに留まっているとコメントした。南ア競争委員会の条件は、南アの状況を支配的な技術的枠組みに閉じ込めたままにし、遺伝子組み換えの生産と流通における競争を確保しようとしたにすぎない。小規模な農民にとって、資材価格は高く、種子や農薬の選択肢は少ない、とも批判している。

バイエルは除草剤と除草剤耐性GM種子事業売却へ

 ロイターによれば、この南ア競争委員会の条件付承認を受けてバイエルは8日、除草剤リバティとリバティ・リンク遺伝子組み換え種子事業の売却で合意したと発表した。リバティは、グリホサートと並ぶ除草剤グルホシネートを主成分とするバイエルの除草剤ブランドであり、リバティ・リンクは、バイエルの開発したグルホシネート耐性遺伝子組み換え作物のブランドである。

 売却を予定している資産の総額は25億ドルで、今後売却先を探すことになる模様。バイエルの除草剤グルホシネート耐性遺伝子組み換え作物は、主に大豆、ワタ、ナタネで、モンサントのラウンドアップ耐性遺伝子組み換え作物の代替品となる。

 ・Reuters, 2017-5-8
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事