最終更新日:2017年5月11日
2017年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年5月

2017.05.11 No.805
■未承認GMペチュニアはオランダで組み換えか
petunia_2s.jpg
ペチュニア

 農水省は5月10日、未承認遺伝子組み換えペチュニアの回収をタキイ種苗に指示したと発表した。この遺伝子組み換えペチュニアの“起源”や組み込み遺伝子についての発表はないが、9日付の英国のテレグラフ(電子版)が一端を報じている。

 テレグラフによれば、オランダで組み換えが行われ、ドイツから輸入された遺伝子組み換え種子がフィンランドで見つかったとしている。オレンジの花色の発色のために組み込まれた遺伝子は、起源は不明ではあるもののトウモロコシではないかと推定されているとしている。根拠となる情報は示していない。タキイ種苗も、こうした欧州で開発元から流出し、流通していた遺伝子組み換えのペチュニアを入手したのではないか。

 テレグラフはまた、英国の遺伝子組み換え反対のNGO・GMフリーズのリズ・オニール氏のコメントを掲載した。オニール氏は、「遺伝子組み換えでは、いろいろな予想外の影響が起きうる。きちんとしたテストなしに、これらの花が何の問題も起こさないと言うことはあり得ない」と警告し、「オレンジ色のペチュニアを避けるように勧める。希望にあう自然のオレンジ色の花はたくさんある」とコメントしている。

 ・Telegraph, 2017-5-9
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事