最終更新日:2017年5月18日
2017年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017年5月の記事
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年5月

2017.05.18 No.808
■農水省 GM作物7種を承認
img-soy.jpg
ダイズ

 農水省は5月18日、遺伝子組み換えのダイズ、トウモロコシ、ナタネ、ワタなど7種を承認した。うちワタの3品種は、いずれも隔離圃場での試験栽培を承認した。残り4品種は、ダイズ2品種、トウモロコシとナタネが各1品種で、ダイズの1品種を除き、一般栽培を承認した。

 試験栽培が承認された品種は、バイエルクロップサイエンスは茨城県筑西市の同社明野事業所の隔離圃場で20年3月末まで、またモンサントは茨城県河内町の同社隔離圃場で21年3月末まで試験栽培を予定している。

 ・農水省, 2017-5-18

 この承認よって、日本で隔離距離について一定の制限はあるものの、一般栽培が可能な遺伝子組み換え作物は118品種となる。また、カーネーションなどの花卉をを加えた栽培可能な品種は128品種となる。

作物名 一般的な使用 うち栽培可 隔離ほ場試験のみ
アルファルファ 5 5 0
イネ 0 0 21
セイヨウナタネ 16 14 1
ダイズ 27 21 3
テンサイ/td> 1 1 0
トウモロコシ 78 76 12
パパイヤ 1 1 0
ベントグラス 0 0 1
ワタ 33 0 3
作物小計 161 118 41
カーネーション 8 8 1
シクラメン 0 0 2
バラ 2 2 0
花卉小計 10 10 3
合計 171 128 44
 ・農水省, 2017-5-18