最終更新日:2017年5月26日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年4月の記事
2017.04.30 No.797
2017.04.29 No.796
2017.04.28 No.795
2017.04.27 No.794
2017.04.26 No.793
2017.04.18 No.792
2017.04.15 No.791
2017.04.14 No.790
2017.04.13 No.789
2017.04.12 No.788
2017.04.06 No.787
2017.04.04 No.786
2017年5月

2017.05.26 No.812
■いよいよGMジャガイモがやって来る
img_potato_s.jpg
ジャガイモ

 5月30日に予定されている食品安全委員会で、シンプロット社の加熱時のアクリルアミド低減がうたい文句の遺伝子組み換えジャガイモに「安全」の評価が決まりそうだ。3月に「ヒトの健康を損なうおそれはない」として意見公募が行われていた。

 ・食品安全委員会, 2017-5-25

 これまで、食品安全委員会で「安全」と評価されれば、厚労省は食品として承認している。この遺伝子組み換えジャガイモも近く承認されると思われる。この遺伝子組み換えジャガイモを原料とした製品には、当然、表示義務が生ずる。しかし、外食産業でフライドポテトのような形で供されたような場合では、表示は義務ではなく、知らずに食べてしまう可能性がある。

 ・消費者庁
  食品表示に関する共通Q&A(第3集:遺伝子組換え食品に関する表示について)

 この遺伝子組み換えジャガイモは2014年11月、米国農務省が栽培を承認し、15年3月には食品医薬品局が食品として承認している。カナダでも16年3月に承認されている。

 米国の食品安全センターは、「影響を検討せず、決定を急ぎすぎ た」と批判している。遺伝子発現を抑制するRNA干渉技術を使った遺伝子サイレンシングの潜在的な危険性がはっきりしていないという。

 シンプロット社は、米国マクドナルドのジャガイモ納入業者でもあるが、当のマクドナルドは遺伝子組み換えジャガイモを使わないとの方針を明らかにしている。

 米国ではすでに、この遺伝子組み換えジャガイモが市販され、広く流通しているとみられているという。2015年には400エーカー分を米国南東部の10州で売り切り、16年は2千エーカーに拡大するとしていた。国連食糧農業機関(FAO)の統計によれば、米国のジャガイモはヘクタールあたり約47トン。すでに数万トンの遺伝子組換えジャガイモが生産され、流通していると思われる。

 日本へ承認を申請したシンプロット社は、日本市場を視野に入れていることは間違いないだろう。早ければ年内にも「輸入」のニュースが流れるかもしれない。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事