最終更新日:2017年6月24日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2017年6月の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2017.06.22 No.824
2017.06.21 No.823
2017.06.17 No.822
2017.06.15 No.821
2017.06.13 No.820
2017.06.04 No.818
2017.06.03 No.817
2017.06.01 No.816
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年6月

2017.06.24 No.825
■日欧EPA交渉文書がリーク EUの環境保護に懸念と警告
170623_GP_EPA_Leak_s.jpg
リークされた日欧EPA交渉文書

 グリーンピースは6月23日、グリーンピース・オランダが入手した日本とEUとの経済連携協定(日欧EPA)関連の文書を公開したと発表した。公開された文書は、2016年後半から2017年初頭にかけてのもので205ページに及ぶ。

 この文書を分析したグリーンピースは、これまでの米国やカナダとの貿易協定交渉に関しEU委員会や加盟各国政府が約束した、透明性の向上と環境基準を守っていないとした上で、頓挫した米国との協定よりもひどいものと酷評している。日本との交渉が妥結した場合、その貿易規模は、先に発効したEUカナダ包括的経済貿易協定(CETA)の2倍の相当するEU最大の貿易協定になる可能性があり、EUの環境保護にとって重大な懸念をとなると警告している。

 グリーンピースはメディア向けの資料で、木材取引における日本の違法取引を増大させる可能性、なんら言及されていない捕鯨問題、CETAより低水準の投資問題などについて、それぞれの問題点を挙げて批判している。その上で、協定は予防原則の立場に立っていないと指摘している。

 ・Greenpeace, 2017-6-23  ・Greenpeace, 2017-6-23

 公開された文書は TTIP-leaks.org のサイトから、PDFファイルの閲覧、ダウンロードが可能である。15分野について別々のファイルにまとめられている。

 公開された文書のうち、2017年1月20日付けの衛生植物検疫(SPS)関連文書の中に、興味深い検討課題が挙げれている。EUは、食品添加物、酵素、調味料の承認手続に関し、リスクアセスメント機関(日本では食品安全委員会)における審査手続きを9ヶ月以内に完了させるとともに、それまでの9ヶ月以内に関連する規制条文の改正手続きを完了するよう求めている。この要求に対し日本は、この条項の削除を求めているとしている。SPS関連文書には、遺伝子組み換えや表示に関する文言はない。

 この交渉文書のリークについて、6月24日付けのサンケイビズの記事(共同)によれば、この交渉文書を閲覧した南ドイツ新聞が遺伝子組み換え食品規制など「消費者への配慮が不十分」と指摘しているという。

 ・共同・サンケイビズ, 207-6-24

 日本外務省のサイトでは、交渉中とはいえ、有意義な情報はほとんどない。

 ・外務省
カテゴリー
よく読まれている記事