最終更新日:2017年6月25日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
最近の記事
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2017年6月の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2017.06.22 No.824
2017.06.21 No.823
2017.06.17 No.822
2017.06.15 No.821
2017.06.13 No.820
2017.06.04 No.818
2017.06.03 No.817
2017.06.01 No.816
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年6月

2017.06.25 No.826
■シンジェンタ GMコーン損害賠償訴訟で2億ドル敗訴
corn_feed.jpg / Flickr
Corn for feed / Emily / Flickr

 米国連邦地裁は6月23日、シンジェンタに対してトウモロコシ農家の受けた損害として2億ドル余りの支払いを命ずる判決を下した。米国・カンザス州などのトウモロコシ農家が、中国で未承認の遺伝子組み換えトウモロコシの種子を販売したことより損害を受けたとして、損害賠償を求め集団で提訴していた。シンジェンタは上訴するという。

 中国は2013年11月、未承認のMIR162の混入を理由に約6万トンの米国産トウモロコシの輸入を禁止した。この輸入拒否を皮切りに中国は、2014年12月に承認するまでに約140万トンの米国産トウモロコシの輸入を拒否したという。その結果、米国内のトモロコシ価格が急落し、トウモロコシ農家が損害を被ったとして裁判に訴えていた。全米20以上の州のトウモロコシ農家35万人が総額130億ドルの賠償を求めて提訴しているという。

 ・Bloomberg, 2017-6-23  ・Reuters, 2017-6-23

 最初に中国が輸入拒否したトウモロコシは、すでに承認されていた日本と韓国に向け再輸出されたとロイターが報じている。それ以降の輸入拒否されたトウモロコシの多くも、日本や韓国に向けられたとみられていた。

 この中国の輸入禁止措置は、食用や飼料用の遺伝子組み換え作物の貿易に関しては、主要輸入国の承認がないことには商業栽培が始められないことを意味している。それとともに、米国において、主要国で未承認品種について、分別が機能せず混入が起きていたことも明確になった。

 日本は年間約1500万トンのトウモロコシを輸入している。そのうち約1千万トンが飼料用に向けられている。トウモロコシは1140万トン(約75%)が米国から、370万トン(約24%)をブラジルから輸入している。米国もブラジルも大半が遺伝子組み換え品種であり、日本に輸入されるトウモロコシの多くが遺伝子組み換え品種と推定されている。例えば、台湾のように、輸入時の申告で遺伝子組み換えであるか否かを識別できるようにすれば、輸入作物の遺伝子組み換え比率をはっきりさせることができる。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事