最終更新日:2017年6月27日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
最近の記事
2017.10.19 No.860
2017.10.17 No.859
2017.10.16 No.858
2017年6月の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2017.06.22 No.824
2017.06.21 No.823
2017.06.17 No.822
2017.06.15 No.821
2017.06.13 No.820
2017.06.04 No.818
2017.06.03 No.817
2017.06.01 No.816
2017年5月の記事
2017.05.31 No.815
2017.05.29 No.814
2017.05.27 No.813
2017.05.26 No.812
2017.05.25 No.811
2017.05.24 No.810
2017.05.19 No.809
2017.05.18 No.808
2017.05.17 No.807
2017.05.13 No.806
2017.05.11 No.805
2017.05.10 No.804
2017.05.10 No.803
2017.05.10 No.803
2017.05.08 No.802
2017.05.07 No.801
2017.05.04 No.800
2017.05.02 No.799
2017.05.01 No.798
2017年6月

2017.06.27 No.827
■米国カリフォルニア州 グリホサートを発がん性物質リストに登載
Roundup_s.jpg / Flickr
RoundUp Monsanto / Mike Mozart / Flickr

 カリフォルニア州環境保健有害性評価局(OEHHA:Office of Environmental Health Hazard Assessment)は6月26日、グリホサートについて、7月7日付で同州の「プロポジション65」の発がん性物質リストに登載すると発表した。これによりグリホサートを含む農薬などは、使用者や消費者に向けて注意文言必要となる。こうしたグリホサートに関する公的機関による発がん性の認定や注意表示は、おそらく世界でも始めてのケースだという。

 カリフォルニア州環境保健有害性評価局の決定は、2015年3月に世界保健機構(WHO)の国際がん研究機関(IARC)が、グリホサートを「おそらく発がん性がある」と分類したことを受けた措置。グリホサートは、モンサントの除草剤ラウンドアップの主成分であり、世界で最も売れている除草剤ともいわれている。

 このリスト登載に反対したモンサントは2016年1月、リストに登載しないよう求めて提訴していたが、今年1月、カリフォルニア州地裁所はこの3月、リストへの登載を認める判決を下した。モンサントは同州控訴裁判所へ控訴したが、OEHHAは、地裁の判決を受けて、4月7日付けでリストへの登載を決め公告していた。

 ロイターなどによれば、この決定に対してモンサントは、決定が「科学と法律に基づいて正当化されない」とし「最後まで戦う」と言明したという。

 カリフォルニア州の「プロポジション65」は、飲料水の水源へ有害な化学物質の混入防止と、人に対して有害な化学物質の暴露防止を目的に、1986年11月に施行された。リストに登載されると、カリフォルニア州で販売する際に使用者や消費者に対して、明確で妥当な警告を与えることが義務付けられている。ラウンドアップなどグリホサートを含む製品には、注意文言が必須になるという。

 ・Office of Environmental Health Hazard Assessment, 2017-6-26
 ・Reuters, 2017-6-26
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事