最終更新日:2017年7月23日
2017年

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
最近の記事
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2017.08.10 No.842
2017年7月の記事
2017.07.29 No.840
2017.07.25 No.839
2017.07.23 No.838
2017.07.21 No.837
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2017.07.13 No.833
2017.07.12 No.832
2017.07.06 No.830
2017.07.03 No.829
2017.07.01 No.828
2017年6月の記事
2017.06.27 No.827
2017.06.25 No.826
2017.06.24 No.825
2017.06.22 No.824
2017.06.21 No.823
2017.06.17 No.822
2017.06.15 No.821
2017.06.13 No.820
2017.06.04 No.818
2017.06.03 No.817
2017.06.01 No.816
2017年7月

2017.07.23 No.838
■米国:5例目のBSE牛が見つかる 非定型で4例目

 米国農務省動植物検疫局(APHIS)は7月18日、米国アラバマ州で非定型BSE牛が1頭見つかったと発表した。この牛は11歳の肉用雌牛で、と殺前に見つかり処分されたとしている。感染ルートなどは調査中。米国で見つかったBSE牛としては2012年以来の5例目で、非定型BSE牛は4例目となる。

 今年に入って米国以外でもアイルランドで1頭、スペインで2頭の非定型BSE牛が見つかっている。近年のBSE感染牛の多くが非定型BSEとなっている。非定型BSEのヒトへの感染性は「きわめて少ない」とされているが、感染性を否定されているわけでもない。

 ・APHIS, 2017-7-18  ・農水省

 日本のBSE検査は、2017年4月から健康牛の検査が廃止された。ただし、24か月齢以上の牛のうち、生体検査で以上が認められるものについてはBSE検査を継続している。

 ・厚労省, 2017-2-13
【関連記事】