最終更新日:2017年8月12日
2017年

9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年

2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
最近の記事
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2017.08.10 No.842
2017年8月の記事
2017.08.15 No.844
2017.08.12 No.843
2017.08.10 No.842
2017.08.05 No.841
2017年7月の記事
2017.07.29 No.840
2017年7月の記事
2017.07.29 No.840
2017.07.25 No.839
2017.07.23 No.838
2017.07.21 No.837
2017.07.20 No.836
2017.07.18 No.835
2017.07.15 No.834
2017.07.13 No.833
2017.07.12 No.832
2017.07.06 No.830
2017.07.03 No.829
2017.07.01 No.828
2017年8月

2017.08.12 No.843
■GM食品汚染:米国産食品より未承認GM米成分を検出
raw_rice_s.jpg
玄米

 厚労省は8月10日、米国より輸入の植物性たんぱくから未承認の遺伝子組み換えコメ・NNBtを自主検査で検出したと公表した。製造はサンフード社。NNBtは、これまでに中国産ビーフンから見つかっているが、米国産食品からの検出は初めてのケースとなる。

 厚労省も輸入業者のアリエルトレーディングも、NNBt混入の原因は明らかにしていない。今回の検出が誤検出でないとすれば、原料に中国産のコメ、あるいは中国産のコメ由来の成分が使われていたことになる。また、全てが米国産原料であれば、米国で栽培されているコメの一部がNNBtで汚染されているという可能性もでてくる。

 ・厚労省, 2017-8-10

 厚労省はこれまでに、NNBtを含む未承認遺伝子組み換え食品に関し、中国、ベトナム、タイからの米加工品とパパイヤについて、輸入の都度検査するよう通知している。検出を受けて、厚労省が米国産のコメ加工品について検査を強化するかが注目される。今回の検出の原因ははっきりしないが、疑いがある以上、少なくとも米国産のコメ加工品への検査拡大が必要だろう。米国産のコメは、ミニマムアクセス米(MA米)として、このところ毎年35万トン余りが輸入されている。

 ・厚労省, 2016-1-12
【関連記事】