最終更新日:2017年12月9日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 18年

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2017年12月の記事
2017.12.28 No.877
2017.12.27 No.876
2017.12.26 No.875
2017.12.21 No.874
2017.12.19 No.873
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2017年11月の記事
2017.11.30 No.868
2017.11.30 No.867
2017.11.28 No.866
2017.11.19 No.865
2017.11.08 No.864
2017年12月

2017.12.09 No.870
■サボテンが食料危機を救う FAOがガイドブック公開
cactus-Ethopie_R.jpg / Flickr
エチオピアのウチワサボテン / Rod Waddington / Flickr

 FAO(国連食糧農業機関)は11月30日、ウチワサボテンが食料安全保障にとって重要な作物であり、食糧危機を救う作物になりうると発表した。ウチワサボテンは食べられる上に、1ヘクタール当り180トンの水分を供給でき、さらには温室効果ガスの排出削減にも効果があるという。ウチワサボテンはアグロエコロジーにとっても重要な作物だと指摘している。

 マダガスカル南部の厳しい干ばつでは、サボテンは地元の人々と家畜の食料、飼料、水の重要な供給源となったという。そのことで侵略種とみられていたサボテンが再導入されている。エチオピアには36万ヘクタールのサボテン農場があり、ブラジルにも50万ヘクタールのサボテン農場があるという。伝統的にサボテンを食べてきたメキシコでは、一人当たり年6.4キロを消費している。エチオピアではサボテンのジャムも作られ、市販されているという。

 FAOは200ページ余りのガイドブックを公開し、各国での栽培状況や加工方法、病害虫についても言及している。中には、サボテンのトゲを除去する自動機の例も載せている。

 ・FAO, 2017-11-30
カテゴリー
よく読まれている記事