最終更新日:2017年12月19日
2017年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 18年

2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
最近の記事
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2017年12月の記事
2017.12.28 No.877
2017.12.27 No.876
2017.12.26 No.875
2017.12.21 No.874
2017.12.19 No.873
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2017年11月の記事
2017.11.30 No.868
2017.11.30 No.867
2017.11.28 No.866
2017.11.19 No.865
2017.11.08 No.864
2017年12月

2017.12.19 No.873
■EU委員会 バイエルのモンサント買収に最後通牒
EU-Flag.jpg / Flickr
EU旗 / MPD01605 / Flickr

 EU委員会は12月15日、バイエルのモンサント買収に関し、バイエルがより重要な譲歩をしないかぎり買収を認めない方針を正式に伝えた、とPoloticoが報じた。EU委員会からの公式の発表ではなく、関係者2人の話だとしている。Politicoによれば、この通知は「ブリュッセルの最後通牒」だという。今回のEU委員会の通知に関し、EU委員会、モンサントともにコメントはしていないという。12月8日にはブルームバーグが関係筋の話として報じていた。

 ウォール・ストリート・ジャーナルは今年8月、EU委員会は、買収により世界的にも最大手の2社が合併することに「重大な懸念」があると報じた。EU委員会競争政策担当のマルグレーテ・ベステアー委員は「実効性のある競争環境を確保する必要がある」と述べたという。EU委員会関係者はまた、農家にとって種子や農薬の選択肢が少なくなり、価格の上昇することなどを指摘したという。

 バイエルはこれまでに、承認を得るために関係国の付けた条件により事業売却を進めてきていた。今年10月には、ドイツの農薬メーカーBASFに対して、除草剤グルホシネート(商品名バスタ)に関する事業やナタネ、ワタ、大豆などの種子事業を59億ユーロで売却すると発表している。三井物産もモンサントの一部の農薬事業を100億円で買収している。「最後通牒」の内容が明らかになっておらず詳細は分からないものの、EU委員会はこれまでのバイエルとモンサントの事業売却が不十分だとみている模様だ。EU委員会の最終決定は18年3月だという。

 このバイエルのモンサント買収は、欧米の農業団体や環境団体の強い反対を招いた。欧州では数十万人が買収反対に署名し、EU委員会には5万通以上の要請書が届けられたという。

 バイエルのモンサント買収とともに農薬・種子大手の合併と買収が相次いだが、中国化工によるシンジェンタ買収とダウとデュポンの合併はいずれも完了している。

 ・Politico, 2017-11-16  ・Bloomberg, 2017-12-8  ・Reuters, 2017-12-9  ・日経, 2017-10-13  ・ウォール・ストリート・ジャーナル, 2017-8-23
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事