最終更新日:2018年1月9日
2018年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018年1月の記事
2018.01.24 No.887
2018.01.20 No.886
2018.01.18 No.885
2018.01.17 No.884
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2018.01.09 No.879
2018.01.06 No.878
2017年12月の記事
2017.12.28 No.877
2017.12.27 No.876
2017.12.26 No.875
2017.12.21 No.874
2017.12.19 No.873
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2018年1月

2018.01.09 No.879
■ゲノム編集で耐病性カカオを開発
171220_cacao_s.jpg
カカオの実

 米国カリフォルニア大学のイノベーション・ゲノミクス研究所は1月2日、米国のチョコレートメーカーのマーズと共同で、ゲノム編集技術を使った耐病性カカオの開発を計画している発表した。同研究所はプレスリリースで、CRISPR技術を使って開発するとしているが、スケジュールは明らかにしていない。カカオ産業には世界で4千万人が依存しているとしている。

 世界のカカオの半分以上がガーナとコートジボワールで生産されているという。これらのカカオは菌類に対して耐性がなく、さらに温暖化の影響も受け、数十年でカカオの供給に支障がでてくると予想されているという。

 ・Innovative Genomics Institute, 2018-1-2  ・Business Insider, 2017-12-31  ・Scientific American, 2018-1-5

 バナナでも、世界の約半分を占めるキャベンディッシュ種のフザリウム菌による生産への打撃が懸念される中、耐病性の遺伝子組み換えバナナの開発が進んでいる。近く、フィリピンで試験栽培を開始ようという動きがあり、ミンダナオのバナナ生産者団体が反対している。米国では、切り口が変色しない(非褐変)遺伝子組み換えリンゴの表示なしでの販売が始まっている。すでにハワイ産のパパイヤの9割以上が遺伝子組み換え品種に転換したという。トウモロコシや大豆といった主要穀類ではない、こうした果実にも遺伝子組み換えやゲノム編集による遺伝子操作品種が市場に出てくるようになってきている。


カテゴリー
よく読まれている記事