最終更新日:2018年1月24日
2018年
3月
4月
5月
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
最近の記事
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018.01.24 No.887
2018年1月の記事
2018.01.24 No.887
2018.01.20 No.886
2018.01.18 No.885
2018.01.17 No.884
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2018.01.09 No.879
2018.01.06 No.878
2017年12月の記事
2017.12.28 No.877
2017.12.27 No.876
2017.12.26 No.875
2017.12.21 No.874
2017.12.19 No.873
2017.12.17 No.872
2017.12.09 No.870
2017.12.01 No.869
2018年1月

2018.01.24 No.887
■ブラジル特許庁 モンサントの第二世代GM大豆の特許無効と判断
soy_Brazil.jpg / Flickr
大豆畑(ブラジル・マットグロッソ州) / Claus Isenberg / Flickr

 ブラジル特許庁はこのほど、モンサントの遺伝子組み換え大豆Intactaの特許を無効と判断したという。特許無効を求めて提訴している生産者側は歓迎する一方、モンサントは反発しているという。

 大豆生産者団体のアプロソヤは昨年11月、モンサントの遺伝子組み換え大豆Intacta PR2 Proの特許は無効であるとして提訴していた。この提訴に関しブラジル特許庁はこのほど、再審査の結果、「法的要件と矛盾する」として特許無効の結論に達したという。

 アプロソヤは2012年にも、失効した第一世代のラウンドアップ・レディ大豆の特許に対して、モンサントがロイヤリティを要求しているとして提訴していた。この提訴の後2013年になり、モンサントはラウンドアップ・レディ大豆に関するロイヤリティの徴収をストップした。

 アプロソヤによれば、2016年、53%がモンサントのIntacta大豆を栽培したという。40%が第一世代のラウンドアップ・レディ大豆であり、非GM種は7%に過ぎなかったとしている。

 ・Reuters, 2018-1-23  ・Reuters, 2017-11-9
カテゴリー
よく読まれている記事