最終更新日:2018年2月21日
2018年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
最近の記事
2018.05.17 No.921
2018.05.14 No.920
2018.05.06 No.919
2018年2月の記事
2018.02.28 No.891
2018.02.26 No.890
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018年1月の記事
2018.01.24 No.887
2018.01.20 No.886
2018.01.18 No.885
2018.01.17 No.884
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2018.01.09 No.879
2018.01.06 No.878
2018年2月

2018.02.21 No.889
■英国:有機市場は3千億円規模 年6%成長
Veg-box_1.jpg / Flickr
有機野菜ボックス(英国) / Jessica Spengler / Flickr

 英国の有機農業団体ソイル協会は2月7日、英国の有機食品と飲料の売上高は22億ポンド(約3300億円)で、この1年で6%成長したとするレポート(2018年版)を発表した。有機食品に対する需要の高まりで、英国ではこの6年間安定した生長を続けているとしている。

小売店は9.7%増、個別宅配や野菜ボックス(ボックス・スキーム)は9.5%増の一方で、スーパーマーケットでは4.2%増にとどまったとしている。オンラインによる売上は30%に達したという。この結果、英国の食品市場の1.5%を占める規模に成長したとしている。

 ・Soil Association, 2018-2-7  ・Ecoogist, 2018-2-7  ・Fresh Plaza, 2018-2-15

 スイス有機農業研究所(FiBL)と国際有機農業運動連盟(IFOAM)によるまとめ(2016年版)によれば、2014年のEUの有機食品の市場規模は239億ユーロで、米国の270億ユーロにほぼ匹敵する規模となっている。また、2010年から14年にかけて年平均8%成長だったとしている。

 EU委員会の発表によれば、EU域内の有機農業は有機需要の高まりに伴い、圃場面積、登録農家数ともに大きく増えているという。EU28か国の認証有機圃場は、2015年には1100万ヘクタールに達し、2010年からの5年間で約200万ヘクタール、約21%増えたという。有機圃場面積はEU域内の圃場の約6%を占める。また有機農家は、前年比5.5%増の27万1500人となったという。英国の有機圃場は約50万ヘクタールで、英国の圃場の約3%を占めているという。

 ・FiBL、2016-4  ・EU Commission, 2016-10-25

 圃場面積でみたとき、2016年度初めの日本の有機認証の圃場は約1万ヘクタールと圃場全体の約0.2%にすぎない。2006年の有機農業推進法制定以来、政府は有機圃場を面積比で1%を政策目標としてきたが、全く変わっていないのが実情だ。欧州の有機農業の大きさは、日本の約1千倍。欧州の有機市場の大きさがよく分かる。

 ・農水省, 2017-2

 しかし、なぜ日本の有機農業は拡大しないのか。それとも、有機認証を受けていない有機圃場は増えているのか。こうした基礎的な統計や分析も十分ではないのが実情だろう。公的な市場規模の分析も明らかではない。農水省予算のうち有機農業推進関連予算は20数億円にとどまっていることでも明らかなように、今のところ、重点的な政策課題とはなっていないとしか思われない。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事