最終更新日:2018年2月28日
2018年
 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
最近の記事
2018.10.23 No.972
2018.10.08 No.971
2018.10.07 No.970
2018年2月の記事
2018.02.28 No.891
2018.02.26 No.890
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018年1月の記事
2018.01.24 No.887
2018.01.20 No.886
2018.01.18 No.885
2018.01.17 No.884
2018.01.15 No.883
2018.01.13 No.881
2018.01.10 No.880
2018.01.09 No.879
2018.01.06 No.878
2018年2月

2018.02.28 No.891
■厚労省 GM大豆とGM微生物由来添加物を承認
100921_soy.jpg
大豆

 厚労省は1月30日、遺伝子組み換え微生物を使って生産したDSM社(オランダ)の添加物リボフラビンを、2月23日にはデュポンの高オレイン酸含有大豆3品種を承認した。これにより、承認された組み換え食品は318品種、添加物は31品目となる。ここ数年、遺伝子組み換え由来の添加物が増えている。

 1月30日に承認された組み換え添加物のリボフラボンは、栄養強化・着色用として菓子類やスポーツ飲料など利用されるとしている。このリボフラボンを使用したとしても、製品への表示は不要とされている。

 このリボフラボンン(製品名:リボフラビンユニバーサル)について、食品安全委員会は昨年12月26日、「ヒトの健康を損なうおそれはないと判断」とする評価書を決定していた。2010年ごろから欧米では承認されているとしている。厚労省は昨年、遺伝子組み換え微生物を使った高度精製品を含む添加物8品種を承認している。

 ・食品安全委員会, 2017-12-26

 2月23日に承認された遺伝子組み換え大豆は、デュポンの遺伝子組み換え高オレイン酸含有大豆(DP−5423−1)をベースに、モンサントの除草剤グリホサート耐性GM大豆と除草剤ジカンバ耐性GM大豆を掛け合わせた合わせて3品種となる。これにより食品として承認されたGM大豆は28品種となる。米国でジカンバ耐性GM大豆の商業栽培が始まったことで、ジカンバの漂流性の高いことから周辺圃場での被害が続出し、一部の州では使用禁止となっている。

 ・厚労省, 2018-2-23

現在、食品安全委員会では、2種類の遺伝子組み換え作物と、5品目の組み換え由来の添加物が食品安全委員会で審査されている。審査中のGM作物は、リマグレン(フランス)の除草剤グリホサート耐性トウモロコシと、インプランタイノベーションズと筑波大学の共同開発のミラクリン発現トマトだ。ミラクリン発現トマトは、加工残渣の飼料利用の健康影響も審査されている。

 ・厚労省, 2018-2-23
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事