最終更新日:2018年03月06日
2018年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018.07.13 No.944
2018年3月の記事
2018.03.30 No.907
2018.03.23 No.906
2018.03.22 No.905
2018.03.21 No.904
2018.03.20 No.903
2018.03.17 No.902
2018.03.16 No.901
2018.03.13 No.900
2018.03.11 No.899
2018.03.10 No.898
2018.03.06 No.897
2018.03.04 No.896
2018.03.03 No.895
2018.03.02 No.894
2018.03.01 No.892
2018年2月の記事
2018.02.28 No.891
2018.02.26 No.890
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018年3月

2018.03.06 No.897
■ブラジル 世界初のGMサトウキビ栽培を開始
sugar_cane.jpg / Flickr
サトウキビ / Sarah and Jason / Flickr

 ブラジルではこのほど、世界で初めてとなる害虫抵抗性(Bt)の遺伝子組み換えサトウキビを400ヘクタールに植えつけた、とロイターが報じた。このGMサトウキビはブラジルのカナビアリス研究所(CTC)が開発したもので、サトウキビの芯を食い荒らすサトウキビメイガ(Diatraea saccharalis)に抵抗性があるという。

 サトウキビメイガによる被害は、ブラジル全体で50億レアル(約15億ドル)に達するという。ブラジル国家バイオ安全技術委員会(CTNBio)は昨年6月、この遺伝子組み換えBtサトウキビを承認していた。

 昨年6月のブラジル国家バイオ安全技術委員会の承認に当たってCTCのグスタボ・レイテCEOは、新たな除草剤耐性や害虫抵抗性の新品種開発を行なうとしている。今回の商業栽培開始を報じたロイターによれば、CTCは今年、1つか2つの新品種の承認申請を行なうという。

 ブラジルのサトウキビ栽培面積は約900万ヘクタールと世界最大。2位のインドのバイほどの面積で栽培され、約4千万トンの砂糖を生産している。CTCはこのGMサトウキビの栽培面積を、3年で150万ヘクタールにまで拡大する計画だという。

 CTCはすでに、このGMサトウキビ由来の砂糖について、米国とカナダに承認を求めて申請したという。また、中国やインド、日本、ロシア、韓国、インドネシアに承認を求めるだろうとしている。日本への承認申請は、まだなされてないようだが、仮に日本で承認されたとしても、現行の遺伝子組み換え食品の表示制度ではGM原料の砂糖は表示は不要となっている。日本は年間120万トン余りの砂糖を輸入しているが、ブラジルからの砂糖の輸入は、550トンに留まっている(財務省・貿易統計)。

 CTCは世界最大のサトウキビ開発企業で、ロイターによれば、レイテCEOはモンサントの役員経験があるという。

 ・Reuters, 218-3-2  ・Reuter, 2017-6-8  ・Centro de Tecnologia Canavieira (CTC), 2017-6-8
【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事