最終更新日:2018年03月06日
2018年

8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2018.07.21 No.948
2018.07.17 No.946
2018.07.14 No.945
2018年3月の記事
2018.03.30 No.907
2018.03.23 No.906
2018.03.22 No.905
2018.03.21 No.904
2018.03.20 No.903
2018.03.17 No.902
2018.03.16 No.901
2018.03.13 No.900
2018.03.11 No.899
2018.03.10 No.898
2018.03.06 No.897
2018.03.04 No.896
2018.03.03 No.895
2018.03.02 No.894
2018.03.01 No.892
2018年2月の記事
2018.02.28 No.891
2018.02.26 No.890
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018年3月

2018.03.06 No.897
■世界初のプラスチック・フリー包装のスーパー オランダでオープン
Ekoplaza.jpg / Flickr
Ekoplaza (アムステルダム) / D.Bedrijfsleven / Flickr

 欧州では、EU委員会が2030年までに廃棄プラスチックのゼロ戦略を発表したり、英国スーパー・アイスランド社が2023年までにプラスチック・フリーを宣言したりと、ゴミとなり環境を汚染するプラスチック包装の削減に大きく踏み出している。こうした将来的なゼロ宣言から一歩踏み出し、世界初のプラスチック・フリーのスーパーが、このほどオランダでオープンした。

 オランダ・アムステルダムのスーパー・Ekoplazaは2月28日、約700種類の商品の包装に紙やガラス、生分解性の素材を使ったプラスチック・フリーの売り場を持つパイロット店舗をオープンさせた。こうしたスーパーは世界初だという。

 Ekoplazaは2番目の店舗を今年6月にオープンさせ、年内に74店舗に拡大する計画だという。Ekoplazaのサイトでは、取扱っているプラスチック・フリーの商品を紹介している。

 ・Guardian, 2018-2-28
 ・Ekoplaza
 ・Ecologist, 2018-2-28

 日本でもかつては、八百屋は新聞紙で作った紙袋であったり、肉屋は経木を使い、魚屋は蝋引きの紙袋だった。プラスチック袋が全盛となったのはここ3、40年のこと。買い物袋を持ち歩くことでレジ袋は減らせるし、携帯用のポットを持ち歩けばペットボトルの飲料水は買うこともない。法規制を待つまでもなく、個人で出来ることはいろいろとある。

【関連記事】
カテゴリー
よく読まれている記事