最終更新日:2018年03月11日
2018年
6月

7月
8月
9月
10月
11月
12月

 07年 08年 09年 10年 11年
 12年 13年 14年 15年 16年
 17年

2018年3月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
最近の記事
2018.05.17 No.921
2018.05.14 No.920
2018.05.06 No.919
2018年3月の記事
2018.03.30 No.907
2018.03.23 No.906
2018.03.22 No.905
2018.03.21 No.904
2018.03.20 No.903
2018.03.17 No.902
2018.03.16 No.901
2018.03.13 No.900
2018.03.11 No.899
2018.03.10 No.898
2018.03.06 No.897
2018.03.04 No.896
2018.03.03 No.895
2018.03.02 No.894
2018.03.01 No.892
2018年2月の記事
2018.02.28 No.891
2018.02.26 No.890
2018.02.21 No.889
2018.02.18 No.888
2018年3月

■沖縄・高江の米軍ヘリ事故現場からSr90検出

 昨年10月、沖縄県東村高江の牧草地に米海兵隊の大型ヘリコプターCH53が墜落炎上した。沖縄防衛局は3月9日、この墜落現場の牧草地の環境調査の結果、放射性ストロンチウム90と発がん性物質ベンゼンが検出されたを発表した。CH53の回転翼は中空で、亀裂検知用の飛行時回転翼監視装置にはストロンチウム90が使われている。

 沖縄防衛局のデータによれば、ストロンチウム90は土壌から1キロ当たり最大17ベクレル、水から1リットル当たり2.7ミリベクレルを検出したとしている。防衛局は、検出されたストロンチウム90とベンゼンは事故機由来だと断定し、ベンゼンの検出地点の土壌の入替工事を行うとしている。

 事故直後、米軍はショベルカーで事故現場から大型トラック5台分の土を運び出している。琉球新報は、「事故機周辺の土壌については米軍が事故直後に現場から大量に土を搬出しているため、調査の精度に疑問が残る」と指摘している。

 ・沖縄防衛局, 2018-3-9  ・琉球新報, 2018-3-10
カテゴリー
よく読まれている記事